When to start a new paragraph in Fiction

小説や短編小説で新しい段落を始めるタイミングは簡単なはずですが、多くの作家、特に初級作家にとってはそうでもないようです。 ライティングのほとんどの側面と同様に、段落に関してもルールがあり、そのルールの解釈があります。 そのため、柔軟性を持たせる余地があります。 物事をシンプルにするために、いくつかの基本的なルールから始めて、それらをどのように自分好みに伸ばしたり、曲げたり、壊したりできるかを見ていきましょう。

新しいパラグラフを始めなければならない3つのケース

新しいトピックを始めるとき。 これはノンフィクションにしか当てはまらないと思うかもしれませんが、フィクションにも当てはまります。 駆け足文(2つの別々の考えを寄せ集めた文)が嫌なのと同じように、駆け足段落も嫌なのです。 例えば、不気味なお化け屋敷の外観を描写する段落があったとして、主人公がその中で一夜を過ごすかどうか悩む描写を詰め込まないようにしましょう。 最初の段落で家の様子を、別の段落でそれに対する主人公の気持ちを表現しましょう。

時間や場所を変えるとき。 時間や場所が変わるとき:時間を進めたり戻したり、場所を移動するときは、必ず新しい段落を作りましょう。 お化け屋敷の例に戻ると、家の外からアクションが始まる場合、家の中に移動したらすぐに新しい段落を始めます。 また、主人公の現在の印象から、過去に同じような問題に直面したときの出来事に移る場合は、新しい段落を始めます。

When a new character begins to speak: これは、かなりわかりやすいですね。 ダイアログの場合は、1段落に1人しか話し手がいません。

Two occasions when you may want to start a new paragraph

When a speech running long: 理想を言えば、登場人物が何ページにもわたって途切れなく台詞をしゃべり続けることはないでしょう。 しかし、時には長いスピーチが必要な場合もあります。 このような場合、読者に負担をかけないように、長いスピーチをアクションの断片で区切るとよいでしょう。 また、Speech の重要な要素である非言語的なコミュニケーションにも役立 ちます。

To emphasize something for dramatic effect: しかし、注意しなければならないことがあります。 このテクニックは、控えめに使うことでドラマチックな効果を発揮します。

  • Author
  • Recent Posts
DAVID CATHCARTは従来のルートやセルフパブリッシュを選んだ人など数十人のライターを出版に向けて指導してきた人物である。 開発からデザイン、マーケティングまで、出版プロセスのあらゆる段階で豊富な経験を持っています。

David Cathcartの最新の投稿 (すべて見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。