The Wall Street Journal

リッキー・ガーベスは、HBOの「リッキー・ガーベスの英国脱出2:スタンドアップ・スペシャル」のライター兼主演者です。

なぜ神を信じないのか? という質問をよく受けます。 私はいつも、繊細で理にかなった答えを出そうとします。 これはたいてい気まずく、時間がかかり、無意味なことです。 神を信じる人々は、神の存在の証拠を必要としませんし、それに反する証拠も確実に欲しがりません。 彼らは自分の信念に満足しているのです。 彼らは “それは私にとって真実だ “とか “それは信仰だ “とさえ言うのです。 それでも私が論理的な答えを出すのは、正直に言わないと恩着せがましい、失礼にあたると思うからだ。 したがって、「神の存在を証明する科学的な証拠はまったくなく、私が聞いたところでは、この既知の宇宙ではその定義自体が論理的に不可能なので、私は神を信じない」というのは、皮肉なことに、恩着せがましくも無礼にも映るのです。 特に不公平に思えます。 科学は真実を追求します。 そしてそれは差別するものではありません。 良くも悪くも、物事を発見するのです。 科学は謙虚です。 自分が知っていることも、知らないことも知っている。 科学は、常に更新され、アップグレードされる確かな証拠に基づいて、結論と信念を打ち立てます。 新しい事実が現れても怒ることはありません。 知識の体系を受け入れるのです。 伝統だからといって、中世の慣習にしがみつくこともありません。 もしそうなら、あなたはペニシリンの注射を受けずに、ズボンの下に蛭を突っ込んで祈ることになるでしょう。 あなたが何を “信じる “にせよ、これは薬ほど効果的ではありません。 また、「私には効いた」と言うことはできますが、プラシーボも同じです。 私が言いたいのは、私は神が存在しないと言っているのです。 信仰が存在しないと言っているのではありません。 信仰が存在することは知っています。 いつも見ているからね。 しかし、何かを信じることは、それが真実になるわけではありません。 何かが真実であると願うことは、それを真実にはしないのです。 神の存在は主観的なものではありません。 彼は存在するかしないかのどちらかです。 それは意見の問題ではありません。 あなたは自分の意見を持つことができます。 しかし、あなた自身の事実を持つことはできません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。