Fountain Dining Hall、学内最大のサラダバーをオープン

August 28, 2019

Fountain Dining Hall、秋学期開始に合わせて8月20日に学内最大の新しいサラダバーをオープンさせた。

サラダバーの設置は、夏の30日間の改装の締めくくりとして、中央のオフィススペースと廊下を取り除くことで2つの給仕エリアを1つに統合し、より良い流れとパスタバーや終日オムレツを含むより多様な給仕ステーションを提供する柔軟性を提供するものでした。

NC State Dining のホスピタリティ・サービスの臨時シニア・ディレクターである Shawn Hoch 氏は、30 日間の改装と新しいサラダ バーを、成功したチームワークとみなしています。 私たちは、卒業式からサマーキャンプやオリエンテーションが始まるまでのわずかな期間に、30日間という短い期間で空間の改造を行い、その後、授業開始日の前日にサラダバーの設置を完了しました、とShawnは述べています。 “このプロジェクトを予定通りに実現するためには、多くの人の協力が必要でした。 泉は古い建物なので、このプロジェクトは新入生や帰国子女に多くの感動を与えてくれました。 キャンパス内に多くの話題を生み出しました」

サラダバーの材料の多くは地元産で、一部の材料は NC State Agroecology Education Farm で栽培、収穫されたものです。 新鮮な食材を提供するだけでなく、特定の食事制限のある学生にも対応しています。

「それはまた、相互接触を最小限にするためにカスタム デザインされました。 タンパク質と野菜やドレッシングを意図的に分離しました。 わさび豆、キャロットチップ、チアシード、セサミスティック、ピタチップなど、ちょっとした歯ごたえや新しい味を加えるトッピングのためのスペースを多く設けました」とShawnは述べています。

新しいサラダバーは、Fountain Dining Hall と NC State Dining にとって、より新鮮な食べ物を提供し、キャンパスの健康とウェルネスの取り組みを促進するという共通の目標に向けて前進するものです。

NC State Dining の場所と栄養についての詳細情報は、以下を参照してください: dining.ncsu.edu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。