Don Carlos

スペイン王族。 カスティーリャのバリャドリッドで、フィリップ2世とポルトガルのマリア・マヌエラの子として生まれた。長引く難産の末、肩が不均等で、右足が左足よりかなり短いなど、さまざまな先天異常が見られた。 母親は生後4日で亡くなった。 幼いカルロスは病弱で、心身の発達も遅かった。 異種族結婚のため、両親はいとこ同士、曽祖父母は通常8人だが、4人しかいない。 5歳になるまで言葉を話すことができず、しかも、その言葉には大きな障害があった。 10歳になる前に、使用人や動物に拷問を加えたことで知られる。 気性が荒く、暴力的であった。 1559年、カルロスはヴァロワ家のエリザベスと婚約したが、数ヶ月のうちに彼女は政治的な理由から彼の父と結婚した。 1562年、彼は階段から落ちて頭に重傷を負い、出血と穿刺による治療を受け、2ヶ月の回復の後、再びベッドから出ることができるようになった。 しかし、彼の行動は悪化した。 若い女性を鞭打ったり、召使いを襲ったり、靴職人に王子の嫌いなブーツを切り取って食べさせたり、アルバ公爵や自分の父親を執拗に憎むようになったりと、激昂して緊張病寸前の状態に陥った。 1567年12月、カルロスは告解官にある男を殺したいと告げ、その男がフィリップ2世であることを大まかに示唆したらしい。 1月17日、カルロスは逮捕され、アレヴァロ城の塔に幽閉され、会話や祈りの中でカルロスのことを口にすることは禁じられた。 監禁されたカルロスは、空腹に耐えられず、宝石などの奇妙なものを飲み込んでしまった。 1568年7月9日、カルロスは、父の命を狙った反逆罪で有罪になる判決が下された。 彼は監禁されたまま、ひどい熱にうなされ、月が明ける前に死亡した。 どうしても出てしまう毒の噂は、現代の学問では根拠がないと考えられている。 フリードリヒ・シラーのオペラ「ドン・カルロス」は、この王子の経歴をもとにしたもので、ありえない話である。 カスティーリャのバリャドリッドで、フィリップ2世とポルトガルのマリア・マヌエラの子として生まれたが、長引く難産の末、肩が不均等で、右足が左足よりかなり短いなど、さまざまな先天性欠損症が見られた。 母親は生まれてから4日で死んだ。 幼いカルロスは病弱で、心身の発達も遅かった。 異種族結婚のため、両親はいとこ同士、曽祖父母は通常8人だが、4人しかいない。 5歳になるまで言葉を話すことができず、しかも、その言葉には大きな障害があった。 10歳になる前に、使用人や動物に拷問を加えたことで知られる。 気性が荒く、暴力的であった。 1559年、カルロスはヴァロワ家のエリザベスと婚約したが、数ヶ月のうちに彼女は政治的な理由から彼の父と結婚した。 1562年、彼は階段から落ちて頭に重傷を負い、出血と穿刺による治療を受け、2ヶ月の回復の後、再びベッドから出ることができるようになった。 しかし、彼の行動は悪化した。 若い女性を鞭打ったり、召使いを襲ったり、靴職人に王子の嫌いなブーツを切り取って食べさせたり、アルバ公爵や自分の父親を執拗に憎むようになったりと、激昂して緊張病寸前の状態に陥った。 1567年12月、カルロスは告解官にある男を殺したいと告げ、その男がフィリップ2世であることを大まかに示唆したらしい。 1月17日、カルロスは逮捕され、アレヴァロ城の塔に幽閉され、会話や祈りの中でカルロスのことを口にすることは禁じられた。 監禁されたカルロスは、空腹に耐えられず、宝石などの奇妙なものを飲み込んでしまった。 1568年7月9日、カルロスは、父の命を狙った反逆罪で有罪になる判決が下された。 彼は監禁されたまま、ひどい熱にうなされ、月が明ける前に死亡した。 どうしても出てしまう毒の噂は、現代の学問では根拠がないと考えられている。 フリードリヒ・シラーのオペラ『ドン・カルロス』は、この王子の経歴をもとにした、ありえない話である

バイオグラフィー:イオラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。