Count Camillo Cavourイタリア統一

Cavour (Camillo Benso, Conte di Cavour) は1810年8月1日に当時サルディーニャ王国の一部だったピエモンテ州トリノで生まれた。 1826年から数年間、サルデーニャ軍の工兵中尉として活躍した。 この頃、彼は自由主義的で反教理主義的な考えを持つようになっていたため、シャルル・アルベルトのサルデーニャ王位継承は、彼自身の考えがやや保守的で教理主義的であると考えられたことから、カヴールは1831年に任務を辞した。
この時期からカヴールは政治、外国旅行、実用的な農業に興味を持つようになる。 1830年のフランス7月革命の後、ルイ・フィリップ王のもとで自由主義的、立憲主義的な王政が採用されたことに注目した。 彼は、君主制専制君主制や民衆主義的共和制に対して、立憲君主制の利点を確信するようになった。 彼は農業の知識を一族の領地に生かし、その生産性を大幅に向上させた。 また、ピエモンテ農業協会を設立し、その活動を継続させた。 1846年、ローマ教皇の継承が行われ、新教皇は比較的自由主義的で「イタリア」国家主義的な考えを持つと考えられていた人物であった。 それまでの教皇の地位は著しく保守的で、最近ではオーストリアのメッテルニヒが教皇領、さらに広くイタリアのペニスラに介入し、自由主義、共和主義、民族主義といった民衆の急進主義を抑圧することを認めていた。
政治的な恩赦を含む、次期教皇が採用したいくつかの初期の措置は、前例のない「自由主義」教皇の誕生を受け入れ、自由主義やイタリア民族主義がバチカンにある種の後援者を得たという関連見解を促す傾向があった。 1847年、カヴールはトリノを拠点とする新聞「イル・リソルジメント(復活)」の創刊に協力し、憲法改正を主張し、自由主義・民族主義的傾向を持つ雑誌となった。 これに対してカヴールは、ピエモンテで憲法改正を促した。 2月8日、国王シャルル・アルベールはピエモンテに「自由憲章」を授与した。
カヴールは『理想郷』の編集者として、この時代に大きな影響力を持った人物であった。 1848年は西ヨーロッパの大部分において「革命の年」であることが証明された。 3月中旬にはフランス国王ルイ・フィリップが退位し、首相ギゾーが辞任した。 長年「反動の立役者」と呼ばれたメッテルニヒも辞職し、亡命することが決まっていた。 ドイツでは、大小さまざまな国の支配者が憲法を制定していた。 3月19日、ミラノがオーストリア帝国に反抗しているという知らせがトリノに届き、カヴールはシャルル・アルベルトにサルデーニャ軍をミラノの反乱を支援するように命じた。
1848年6月の「戦争選挙」で、カヴールはサルデーニャ代議員の一員となり、保守派を標榜することになった。 1849年1月の解散により、カヴールは下院の議席を失った。 1849年3月、サルデーニャ、そして「イタリア」軍は、ノヴァーラの戦いで復活したオーストリア帝国に打ち負かされる。 シャルル・アルベルトは、息子のヴィクトール・エマニュエルを支持して退位した。 1849年7月の選挙で、カヴールは再び下院議員に返り咲いた。
マッシモ・ダゼリオ侯爵の時代には、農業、財政などの重要な閣僚を務め、高い政治能力を示したが、アゼリオとの不和のため、結局辞職した。
1850年3月7日、カヴールは議場で演説し、「ピエモンテは、イタリアの生きた力をすべて集め、母国が召されている高い運命に導く立場にすぐになるだろう」と示唆した。「1852年11月、トリノで内閣の危機が起こり、カヴールは新しい省の指導者として招かれた。 1852年11月、トリノで内閣の危機が起こり、カヴールは新しい省の指導者として招かれた。カヴールは首相として工業化と自由主義を推進し、またイタリア半島の他の領土がサルデーニャに加わるのを促進する目的で、国の外交を担当した。 クリミア戦争(1854-56)では、イタリア半島の情勢が最終的な和平会議の議題のひとつになるとの確約を得て、サルデーニャはイギリス、フランスと同盟してロシアに対抗した
このクリミア戦争でロシア皇帝は軍事的牽制を受けて、オーストリアとは外交的に疎遠になった。 オーストリアはイギリス、フランスとも外交的に疎遠になった。 オーストリアはこの時期までロシアとともに、それまでのヨーロッパの和解の主要な保証人であったため、イタリア半島での新たな和解を目指すカヴールにとって、オーストリアの孤立は重要であった。 ナポレオンはナポレオン・ボナパルトの親戚であり、若い頃、イタリアの自由主義・民族主義者カルボナーリと交流があった人物である。
数カ月も経たないうちにルイ・ナポレオンはフランス皇帝ナポレオン3世として受け入れられ、ナポレオン3世が偉大な先代ナポレオン・ボナパルトの唱えた「国家原理」に沿ったヨーロッパの再定住に共感しているようであった。
キャヴァーは、教育・説教・慈善に関係のないすべての修道会を弾圧するという政策に強い反発を受け辞任したが、彼が推進しようとしていた他の政策への支持を受け、再び就任した。 カヴールは当初、サルデーニャ・ピエモンテ王国の領土を拡大し、かなり大きな北イタリア王国を建設することを望んでいたが、その目的はより野心的なものに発展していった
。しかし、私の政治的友人の中で、この事業が可能であると信じている者はいないことを忘れてはならない…」
(Cavour, in a letter to La Farina, ItalianNational Society, September 1857)
1858年1月には、ナポレオン3世の暗殺を通してフランス(そしてより広くヨーロッパ)の動揺を引き起こすことにより、イタリア半島の改革の機会を促進しようと考えたイタリア人が、フランス皇帝の命を狙うことで数人が死に、数十名が負傷する原因となりました。 このイタリア人オルシーニは、その後の混乱によって、イタリア半島がオーストリアの支配から離れ、より自由な政治が行われるようになるだろうと予想していた。 1858年夏、フランスのリゾート地プロンブールで行われたナポレオン3世とカヴール(スイスで休暇中とされていた)の密談で、フランスがイタリア地図作成の援助と引き換えにサルディニア・ピエモンテからアルプスのフランス側の領土を獲得する可能性が取りざたされた。 サヴォワは、革命でフランスに併合され、フランスの「自然境界線」の中にあると考えられていたため、フランスが特に欲していた場所であった。 (この合意のもう一つの側面は、ナポレオン3世の比較的高齢で放蕩三昧の弟ジェローム公とヴィクトル・エマニュエルの若い娘クロチルド王女との政治的な動機による結婚であった)。
キャバーはまた、イタリア半島でオーストリアまたはその地方の支配者の過大な統治下にある州に住む「イタリア人」となる人々と接触することによって、サルデーニャとオーストリアの間で敵対行為が発生した場合、そのようなオーストリアまたはその地方の支配者を追い出すことを目的とした反乱を伴うようにしようとした。
1859年1月10日、ヴィクトル・エマニュエル国王は、玉座からの演説で、「イタリア」の擁護者としてのサルデーニャの立場を明らかにし、「イタリア各地から届く痛みの叫びに耳を貸さないわけにはいかなかった」
キャバーは、国際会議へのロシアの提案をなんとか避け、オーストリアは当初サルデーニャに武装解除を求めて、対サルデーニャ戦に突入した。 パルマ、モデナ、フィレンツェ、ボローニャで「イタリア人」が蜂起し、ナポレオン3世がプロンバイルで予想したよりもはるかに多くの領土がサルデーニャに帰属する可能性があると思われたのです。 プロイセンは、フランスの政策立案者にとって、オーストリアを支持する脅威となるような軍事行動に出た。
ナポレオン3世は、カヴールに相談することなく、1859年7月8日にオーストリアと和平した。 この和平により、オーストリアはヴェネチアを獲得し、「イタリア」の反乱で退位した半島の諸侯を復帰させ、ロンバルディアの大部分をフランスに譲渡することになった。 1859年8月から9月にかけて、パルマ、モデナ、ロマーニャ、トスカーナの人々は、サルデーニャへの併合に賛成票を投じた。 イギリスは、イタリア半島の中央部に不人気な支配者を再び置くことを目的としたフランスやオーストリアの介入を容認しないことを明らかにした。 その後、1859年11月のチューリッヒ条約により、オーストリアはヴェネチアを保持し、ロンバルディアの大部分をフランスに割譲した。 1859年7月にヴィクトール・エマニュエル・カヴールが国王に対して不遜な態度をとったにもかかわらず、1860年初頭には再び首相に招かれた。 カヴールは、ナポレオン3世が中央イタリア諸国のサルデーニャへの帰属を受け入れるように仕向けるかもしれないと考え、ナポレオン3世がそのような帰属に同意する対価として、ニースとサボイ(ヴィクトル・エマニュエルの代々のサボイ家の領土)をフランスに割譲しなければならないことが判明した(1860年3月24日、トリノ条約)。
5月5日、ナポリ王国が捕虜とした反乱軍を処刑したことに憤慨したジュゼッペ・ガリバルディと「千人」の義勇軍が、シチリアの反乱を支援するために出航した。 そして、ナポリ王の権威は、まずシチリア島で、次いでナポリ本土で、大きく揺るがされた。
1860年9月、カヴールは、ガリバルディがシチリア島をサルデーニャ/イタリア立憲君主制に移行させるのを阻止しようとする共和主義勢力の動きを懸念し、またガリバルディ軍がローマを「イタリア」にするために教皇庁を過激に攻撃しないか心配し、教会の領土を横断してガルバルディの「援助」をするサルデーニャ軍を送ることを決定した。 カヴールは、サルデーニャ軍が教会領内で起こす「騒乱」を鎮めるよう手配した後、サルデーニャ軍に教会領内への進軍を命じた。
カヴールは、ローマそのものを最終的にイタリアに編入することを意図していたにもかかわらず、この目的を達成するためにはイタリア民族主義が慎重に行動しなければならないことを受け入れた。 イタリア半島の多くの人々、また半島外の多くの人々が、ローマはローマ教皇庁の歴史的な所在地であるという特別な地位を持つべきであると受け止めていた。 遠い昔、コンスタンティヌスやシャルルマーニュのような著名なローマ皇帝によって、宗教上の間接的な配慮とともに、ローマの領土がローマ法王庁に永続的に与えられてきたという事例があるのだ。 さらにカヴールは、当時ローマを直接攻略しようとすれば、強力で断固としたフランスの介入を招く可能性が非常に高いことを認めていた。 しかし、カヴールは10月に議会で、ローマはイタリアの首都でなければならず、他の都市はイタリア全土からそのように認められていないとする宣言を行った。 1861年1月には、議会がこのような決議を採択した。
ガリバルディとカヴールが最近行った両シチリアと教会領の問題への関与に続いて、教会領、シチリア、ナポリのほとんどがサルディニア王政との統合を選択した。 1861年3月17日、サルデーニャを中核とする領土は、イタリア王国として公布された。 ヴィクトル・エマニュエル2世は、1861年3月にトリノで開催されたイタリア議会により、「神の恵みと人々の意志によって」イタリアの初代国王として承認された。 彼の外交・政治的努力は健康を犠牲にし、発熱の後、1861年6月6日にわずか50歳でトリノで死去した
。 カヴールの「現実政治」の例は、君主制国家がナショナリズムを効果的に利用し、自由主義とのわずかな妥協の代償として領土の拡大を確保したものであり、ビスマルクが1870-1年の第二次ドイツ帝国成立につながる「プロイセン統合」を支援した自身のキャリアにおいても模倣されていた可能性は十分にある。

Other Popular European History pages at Age-of-the-Sage

これらのページの作成は、Ralph Waldo Emersonによる有名なエッセイ「歴史」からの次の引用に示唆されている特定の「歴史哲学」にある程度影響を受けました:

すべての個々の人間に共通の一つの心があります…
この心の作品について歴史が記録であり、その歴史は、すべての人間にとって、より重要である。 その天才は、日々の一連の出来事によって明らかにされる。 人間は、そのすべての歴史に勝るものはなく、説明可能である。 慌てることなく、休むことなく、人間の精神は初めからあらゆる能力、あらゆる思考、あらゆる感情を具現化するために進み、それは不適切な出来事としてそれに属している。 しかし、思考は常に事実に先行している。 そのため、このような弊害が発生するのである。 人間は事実の全百科事典である。 千の森の創造は一つのどんぐりにあり、エジプト、ギリシャ、ローマ、ガリア、イギリス、アメリカは、すでに最初の人間の中に折り畳まれている。 エポックからエポックへ、キャンプ、王国、帝国、共和国、民主主義は、彼の多様な精神が多様な世界に適用されたものに過ぎない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。