Claude McKay: Harlem Renaissance

次作のBanjo。 A Story without a Plot (1929)は、マッケイのよく知る土地であるマルセイユに駐在するアフリカ系アメリカ人音楽家の活躍を描いたものである。 この小説とマッケイのフランスでの存在は、レオポルド・セダルセンゴール、エメ・セゼール、その他フランス領西アフリカや西インド諸島で定着したネグリチュードの文学運動の先駆者たちに影響を与えた。 バンジョー』はあまり売れなかった。 短編集のGingertown (1932)やBanana Bottom (1933)も売れなかった。 マッケイの最高傑作とされる『バナナ・ボトム』は、イギリスで教育を受けた後ジャマイカに戻ったビタ・プラントの物語であり、彼女に課せられた美的価値観と生まれ育ったルーツへの感謝を調和させるアイデンティティを形成しようと苦闘している。

クロード・マッケイは、ロンドン、ベルリン、パリを経て、フランスに10年間定住し、海外を広く旅していた。 しかし、アメリカ人作家の海外居住者たちとの交流は続いていた。 1934年にアメリカに戻ったマッケイは、共産主義者の教義を否定し、統合主義を志向する公民権団体を批判したことでリベラルな白人や黒人から攻撃されるようになった。 マッケイは完全な市民的自由と人種的連帯を提唱した。 1940年にアメリカ国籍を取得し、1942年にはローマ・カトリックに改宗し、亡くなるまでカトリックの青年組織で活動した。

20世紀初頭のマッケイの視点と詩的業績は、ハーレムルネッサンスの流れを作り、ラングストン・ヒューズら当時の若い黒人詩人から深い尊敬を得た。 1948年に死去。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。