Christian VII

Christian VII’s robe

1767年の戴冠式に何を着ていくか自分でも決めかねていたクリスチャン7世は、戴冠式当日の服装をどうするか迷った。 彼のひいひいおじいさんであるクリスチャン4世の戴冠式以来、新しい王は特別で上質かつ高価な戴冠式用の服を着ることが伝統になっていたのです。 1500年代後半のスペインの貴族のスタイルを模して裁断された、金で織られた白い絹製のものである。 戴冠式では、王は金で刺繍され、ヨーロッパで最も高級な王室のシンボルの一つであるエルミンで裏打ちされた赤いビロードのマントを身にまとった。 この衣服とマントは、1840年のデンマーク最後の戴冠式まで、約300年間、儀式そのものと同様に、古風なスタイルを保ち続けた。 テレビカメラがなかった時代、国王が身につける衣服は、遠くからでも国王の姿が見えるようにするために役立った。 戴冠式の衣は、神の祝福を受けて王位についたことを示すもので、絹のベルベット、きらめく宝石、金の錦織、レースの滝、なびく羽など、非常に目立つものでなければならない。 1767年の王の日常着は主に新しい流行の制服に類似していたため、その日一日しか着用しなかった戴冠式の衣装は、非常にエキゾチックに見えた。 スカートのような短いブリーチとぴったりとしたダブレットは、1767年当時、ニーブリーチやレースのクラバットと同じように、現代の私たちにとって特異なものだったのだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。