body-parser-jumbo

Node.js body parsing middleware for BigInt.

Parse incoming request body in a middleware before your handlers, available under req.body property.Node.js body parsing middleware for bigint.

Body-parser-jumbo はハンドラの前に使用します。

注意 req.body の形状はユーザーが制御する入力に基づいているため、このオブジェクトのすべてのプロパティと値は信頼できないので、信頼する前に検証する必要があります。 例えば、req.body.foo.toString()は複数の方法で失敗する可能性があります。例えば、fooプロパティは存在しないか文字列でない可能性があり、toStringは関数ではなく文字列や他のユーザ入力である可能性があります。

インストール

$ npm i body-parser-jumbo

API

var bodyParser = require('body-parser-jumbo')

bodyParserJumbo Douglas Crockford JSON.js パッケージと bignumber.js ライブラリをベースにしました。

最近 JS に Bigint ネイティブが加わったので bignumber.js 代わりにそれを利用するオプションを追加しました。

多くのJSONパーサーは数値がIEEE 754 doubleと同じ精度制限を持っていると仮定していますが、JSON仕様は数値精度について何も言っていません。 10進数(オプションで科学的記数法)の浮動小数点数はすべて、有効なJSON値です。 IEEE754の整数精度から外れるような値をJSON APIで文字列としてシリアライズするのは良いアイデアですが、例えば{ "value" : 9223372036854775807}はまだ有効なRFC4627のJSON文字列で、ほとんどのJSランタイムではJSON.parseの結果はこのオブジェクトになります。 { value: 9223372036854776000 }

License

MIT

のようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。