30 Universal Strategies For Critical Learning

by Terry Heick

As teachers, we are all trying to better understand how people learn – now they’re taught in terms of teaching strategies, but more so learning strategies – only not really strategies.Why do you want to teach? 学習行動、あるいは認知行動です。

Self-directed and social learning will undoubtedly be the core of any sort of future learning and the idea of critical literacy and critical learning in pursuit of that literacy is a modern education.

But to improve learning in both self-directed and teacher-centered learning environments, it can be illuminating to look past the activities, project and courses to see what kind of brain-level action learners are performing.

But that’s been upgraded to learn. 腕立て伏せ、ウィンドスプリント、ウェイトトレーニングがアスリートの体を鍛えるための物理的な動作であるように、学習者の心を鍛える認知的な動作とはどのようなものでしょうか。

Bloom’s Taxonomy、特に注釈付きの「ブルームの輪」は、学習活動の計画を推進するブルーム分類の動詞を提供してくれていますが、私はより具体的になりたいと思いました。 ここでの目標は、21世紀の学習者が自己認識の追求のためにデータを見つけ、分析し、改善し、再梱包し、共有することを支援する自己主導型の学習モデルを構築することです。 しかし、さらに突き詰めれば、普遍的に機能する具体的な戦略とは何でしょうか。

TeachThought Learning Taxonomyでは、このアイデアに取り組み、How To Add Rigor To Anythingで再びそれを実現しました。 そして、「考える人をつくる32の習慣」です。

Using ‘Universal Learning Strategies’

では、教育者として、これはどのように役立つのでしょうか。 思考のプロンプトとして、あるいはディスカッションの手がかりとして使用する。 プロジェクトベースの学習の出発点として考慮する。 生徒に「空の器」として使わせ、自分で選んだ学習トピックを入れて、自分なりの学習経路を作らせる。 ジーニアスアワーに使う。

大きなアイデアは、こうした「脳の働き」は、課題を作るのに使えるだけでなく、もっと重要なのは、探究型の理解を促進する種類の行為であるということです。 分数、重力、メタファー、人種差別といったトピックから始めるのではなく、認知行為そのものを主張すればいいわけです。 学習者が自分でトピックを選択することもできますし、さまざまなトピックを提供することもできます。 学習者にこのリストを渡し、興味のあるトピックを提供するよう求めます。 学習者は、そのトピックを理解するための「行動」を選択し、その後、本物の課題、プロジェクト、または単に活動を思いつくように求められます。 もし問題があれば、カリキュラムや学力基準に沿った3つの選択肢を提示します。 社会科の教師であれば、「プッシュプルの要因」、「工業化」、「社会変化の要因」を提示するかもしれません。 社会変化については、2、4、11、16はすべて完全に意味をなします。

個人的に、小グループで、あるいはあなたとの対話の中で、学生は自分自身の課題を作り始め、あなたはタスクマスターから学習ファシリテーターに移行します。 それ自体は「既製」の課題ではありませんが、そうであってはならないのです。 コンテンツの能力を高めるためではなく、学習の能力を高めるためのものなのです。 理想的には、より大きな自己学習モデルの一部であり、私が取り組んでいる簡易版のようなものです。

30 Universal Strategies For Critical Learning

  1. Challenge a perspective, social norm, accepted truth.(見通し、社会的規範、受け入れられた真実に挑戦する)。 または一般的な
  2. Make a observation
  3. Draw a conclusion

  4. Question something
  5. Revise a question based on observation & data
  6. .

  7. 何かを批判する
  8. 意義を説明する
  9. 何かを修正する
  10. 教訓や哲学的スタンスをある状況から別の状況に移行させる 何かを守る、または復元する
  11. 原因と結果を特定し分離する
  12. 2つ以上のものを比較対照する
  13. モデルや理論を作成しテストする
  14. 症状から原因を分離する
  15. 問題の第一原因と第二原因を特定する
  16. ある概念の微妙な歴史を物語る。 理論、アイデア、問題 新しいニーズや状況に対して何かを適応させる
  17. 予測を立て、何が起こるかを観察する
  18. あるアイデアを多面的に検討する
  19. 一連の流れを説明する
  20. ニュアンスを研究し視覚的に示す
  21. パターンを特定し説明する
  22. あるテーマによって「物」 を特定し優先順位付けをする。 基準、または標準
  23. 起源、ソース、影響、遺産をエレガントに強調することができる。
  24. あるアイデアについて、他の人がよく誤解していることを強調する。
  25. 自然から教訓を引き出す
  26. 立場を守る
  27. 何かを観察している間や観察後のメモを記録する
  28. 理想を立てる& 観察やデータに基づいてそれを修正する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。