2018 Warehouse / Distribution Center Survey: Labor crunch driving automation

Warehouse in the News

Gartner Magic Quadrant for Supply Chain Planning Solutions 2021 2021 Top 5 Trends in Labeling Enhance Safety, Productivity and Profitability in Retail DC Warehouse Management Toolkit Automate, 倉庫業務の最適化と変革 その他の倉庫ニュース

倉庫リソース

Gartner Magic Quadrant for Supply Chain Planning Solutions 2021E2open は、重要なビジネスの意思決定に必要なデータを提供するユニークなポジションにいます。
All Resources By Roberto Michel – November 5, 2018

当社の「2018 Warehouse and Distribution Center (DC) Operations Survey」の調査結果は、一方では力強い経済成長と厳しい労働市場、他方ではeコマースの成長とオーダーフルフィルメントの複雑さからカスケードしています。 これらのメガトレンドは、鋼鉄に対する火打石のように互いに打ち合わせ、火花を散らします。

実際、労働力不足は調査の第1位の課題としてさらに増加し、回答者はこれらの課題に対処するために倉庫管理システム(WMS)やその他のソフトウェアの使用、さらなる自動化、メトリクスやより進んだピッキング方法の利用拡大を報告しています。

ハイライトをいくつか紹介します。

  • 有能な時間給労働者を引き付け、維持することができないことは、回答者の55%が挙げた主要な業界の問題であり、昨年より6%増加しました。
  • オムニチャネル・フルフィルメントについて質問した3年目、21%がオムニチャネルのオペレーションを行っていると答え、昨年の19%から上昇、40%がeコマース・フルフィルメントをサポートしていると答えた。

この調査は、ロジスティクス・マネジメントと姉妹誌のモダン・マテリアルハンドリングの委託によりピアレス・リサーチ・グループが毎年実施しており、今年は複数の業種の物流および倉庫業務の専門家から138件の回答を得ました。 とのことです。 St. Onge CompanyのマネージングディレクターであるNorm Saenz, Jr.と、この年次調査のパートナーであるサプライチェーンエンジニアリングコンサルティング会社、St. Onge CompanyのシニアコンサルタントであるDon Dereweckiは、回答者が明らかに、高まる圧力に対処するための技術の適用を求めていると述べています。

「ほとんどの人が経験している取引量の増加や、eコマースへの本格的な取り組み…これらの要因が、人的資源の不足と市場の競争性に直面したとき、単に効率を上げる方法を見つけなければなりません」と Saenz は述べています。

Derewecki は、量の増加、労働者を見つけることの難しさ、およびeコマースの一部としてより多くのピースピッキングが、確かに自動化の使用を増やすことを推進していると同意しますが、オペレーションは、厳しい時間枠の下で複雑な顧客要件を満たすのを助けるために自動化を必要とすると付け加えます。 とDerewecki氏は言います。「たとえ時間通りに注文を出すことができたとしても、それだけでは十分ではありません。 2018年の参加企業の多くは製造業(40%)、次いで流通業者(26%)、第三者物流(3PL)プロバイダー(15%)、小売業(9%)でした。 主要な業種は、食品・食料品、紙・事務用品、アパレル、建築・建設&・空調資材などであった。 回答企業の平均収益規模は近年に比べて大幅に増加する傾向にある。

Operations snapshot

Eコマースの成長から予想されるように、フルパレットのみのプロフィールは稀である。 2018年については、インバウンド側でフルパレットのみは10%のみで、2017年の13%から減少し、アウトバウンド側では10%で14%から減少しました。

今年は、アウトバウンド業務を記述するための回答として、分割ケースのみを提供するのは初めてで、5%が分割ケースのみと回答しています。 この5%と、ケースとスプリットケースのアウトバウンドを行っている13%、そしてフルパレットとケースとスプリットケースのアウトバウンドを行っている48%を合わせると、アウトバウンドで少なくとも何らかのスプリットケースを行っているのは3分の2ということになります。 回答者の40%がメーカーであることを考えると、このスプリットケース出荷のレベルは重要です。

卸売業は依然として最もよくサービスを提供するチャネルで(66%)、次いで小売業(54%)ですが、どちらも昨年よりわずかに低いレベルでした。 今年は回答者の40%がeコマースをサービスしており、昨年の37%から増加し、21%がオムニチャネルを担当しており、2017年の19%から増加しています。

チャネルを満たす方法としては、すべてのチャネルに対する3PLの利用が増加し、昨年の8%から今年は14%と、2015年から最も高くなっています。 また、eコマースで3PLを利用しているのは7%で、2017年と同じです。 チャネルごとに別々のDCで自己配送していると答えた人は減少し、昨年の30%から今年は24%に減少しました。

Eコマースとビジネスのボリュームが一般的に拡大していることを考えると、3PLを活用する必要性は理解できます。 Saenz が指摘するように。 “拡大する顧客ベースにサービスを提供し、グローバルに競争力を持つために、特定の自動化やソフトウェアの使用は調査でも増加していますが、多くの企業は3PLを利用しなければ追いつけません。”

在庫に関する調査結果は、注文速度が高く、需要を満たすために幅広い品揃えのSKUを保持する必要があるeコマースの特性と一致しています。 2018年の平均SKU数は13,985に達し、昨年の13,130を上回った。 さらに、SKUの何パーセントが搬送可能であるか、またはロボットで処理できるかをおおまかに尋ねたところ、回答者の平均回答は43%で、昨年の29%から上昇しました。

在庫回転数はわずかに上昇し、年間平均8.9回転に達し、2017年の8.5から上昇した。 在庫管理努力の一環として回転率の向上が期待される一方で、競争環境、関税に関する現在の問題、SKUの増加や一部の在庫の積み増しにつながりがちなeコマースの成長など、多くの要因が回転率の向上を難しくしているとDerewecki氏は指摘しています。 たとえば、DCネットワーク全体の平均面積は、昨年の473,400平方フィートを大きく上回る672,080平方フィートに達し、中央値は176,600平方フィートから305,000平方フィートに増加しました。 今年の回答者は大企業が多い傾向にありますが、スペースニーズの高まりに関する他の調査結果と合わせると、増大するボリュームに対応するためにスペースを追加する必要性を反映しているといえます。 今年は、平均高さが32.7フィートに達し、29.8フィートから上昇し、同じく30フィートを超えた過去2年の結果とより一致しています。

拡張計画に関しては、76%が何らかの拡張(例:従業員数、SKU、面積、建物数)を計画しており、昨年の71%に対して、今年はそのような計画はないとのことです。 建物数の拡張を計画しているのは23%で、昨年の17%から増加しています。 SKUでは、33%がSKUの増加を見込んでおり、2017年にそうだった29%から増加しています。 労働力では、33%が従業員の増加を計画しており、2017年の36%からわずかに減少しています。

2018年の平均スペース利用率は78.3%ですが、40%が平均利用率を85%以上と報告しています。 平均ピークスペース利用率は86.3%でしたが、ピーク利用率が95%以上の36%を含む、より高い率を報告するところがまた多くありました。

より広いスペース、より多くのSKU、やや低い予想ターン、さらに3PLの利用増加などの傾向はすべて、一般的なビジネス需要とさらなるeコマースに追いつくために絶え間ないスクラムを示していると、サエンツ氏は説明しています。 「

設備投資(CapEx)の傾向は、他の拡張パターンから多少外れています。 2018年の平均CapExは121万ドルで、昨年の143万ドルから減少したが、2018年の中央値は42万ドル超に達し、昨年の25万ドルから増加した。 同様に、2019年の予測CapExについて尋ねたところ、平均は126万ドルで、2017年の150万ドルから減少し、予測CapExの中央値は30万3000ドルから45万ドルに増加しました。

ある程度、2017年から2018年のCapExトレンドの変動は、単に回答者の構成が異なるためと考えられます。 その他の要因としては、3PLへの支出をCapExとしてカウントしていないことや、近年の健全なCapEx支出の後、一部の企業がコアインフラを少し縮小する一方で、追加の自動化を重ねている可能性が考えられます。 一方、CapExの中央値の伸びは、かなり大規模なプロジェクトを持つ回答者の割合が若干増えたことに関連している。

2018年、回答者の主要倉庫の平均従業員数は182人であった。 さらに、拡張計画について尋ねたところ、33%が人員を拡大すると答え、2017年の36%からわずかに減少した。

この年次調査で初めて、派遣労働者の使用について質問が行われた。 通常のボリューム期には、平均して13.5%が派遣社員であるのに対し、ピーク時には19.1%が派遣社員である。 もちろん、回答者によっては、ピーク時にこの割合が高くなり、8%の回答者が労働力の50%以上を派遣社員としています。

派遣社員に関するこれらの平均割合は低く見えるかもしれませんが、多くの回答者がより扱いやすいスタッフのニーズを持っているかもしれない小規模な企業であることを考えれば、依然として重要なことです。 Saenz氏が指摘するように、生産性向上技術の採用率や、適格な労働力を見つけられないことが業界の主要課題であるという調査結果などを見ると、「明らかに、適切な労働資源の不足は誰もが頭を抱えている」のです。 2018年はWMSの導入率が初めて90%を超えただけでなく、紙ベースのピッキングシステムの使用率は昨年の62%から今年は48%に低下し、紙ベースのピッキングの使用率が初めて50%を下回った。

その他のピッキング技術や方法としては、スキャン付きのRFアシストが2017年に比べて9%増加し、スキャン付きの音声アシストが昨年の7%を超えて12%に到達したことが挙げられる。 スキャンなしの音声システムは10%であったため、今年は22%が何らかの音声指示ソリューションを使用している。

「何らかのWMSを使用している」という質問には、レガシーWMS、最善のWMS、WMSモジュールを備えたERP、そして今回初めて倉庫制御または倉庫実行システム(WES)など、さまざまなオプションが含まれている。 WESの選択肢はわずか6%の回答でしたが、ベストオブブリードのWMSは6%増加して19%に達し、レガシーWMSの使用は43%、WMSモジュールを備えたERPは33%でした。

ソフトウェア/WMSに関する質問のその他の調査結果として、労務管理システム(LMS)の採用が今年は3%増加して15%に達し、スロット機能は現在10%が使用し、ある種のクラウドまたはオンデマンドソリューションは9%が使用(昨年は5%)、が挙がっています。

使用しているマテリアルハンドリングシステムに関する質問では、一部の手動プロセスが引き続き広く使用されていることが示されていますが、自動化された保管と検索の使用は2%増加して12%となり、パレタイザーについては初めて質問して、19%が使用していると回答しています。 ゾーン・ピッキングは昨年の27%から34%に、バッチ・ピッキングは46%のオペレーションで使用され、プットウォール・システムは昨年の4%から9%に使用されています。

成長テクノロジーの多くが、今日最も見つけにくいDCリソースである時間給フロア従業員から、さらに生産性を引き出すのに役立つことは、おそらく偶然ではない、とSaenz と Derewecki は指摘します。 「利用可能なリソースからより多くのスループットを引き出すもう 1 つの方法は、パフォーマンスを追跡して改善するための測定基準を使用することです。 ここでも、2018年の調査では採用が進んでおり、何らかの生産性メトリックを使用している回答者の割合は、2017年の86%から90%に達しています。

今年使用が増えたメトリックの種類は、時間当たりの注文、時間当たりのケース、時間当たりのライン、および設計標準のパーセンテージです。 別の質問では、生産性を測定するために使用するデータ収集がWMSを介して自動化されていると回答したのは62%で、昨年から2%増加し、データ収集の手動方法への依存は2%減少しました。

「調査に反映された測定基準の使用の増加は、より多くの人々が生産性を改善し、運用管理を強化し、コストを削減するために事業をより詳細に管理しているということを示しており、重要かつ大変心強い発見です」Dereweckiは語っています。

回答者は、プロセスの改善、倉庫の情報技術(IT)の改善、在庫管理の改善、3PL の活用など、運用コストを下げるためにさまざまな行動を起こしています。 98%が何らかの行動を起こしていますが、中でも急増したのは倉庫ITの改善で、昨年の38%から今年は50%に上昇しました。 3PL の利用も 15% に上昇し、新しい選択肢である「プロセスに自動化装置を追加する」も 15% の回答を得ました。

Labor crunch dominates

E コマース フルフィルメントには、DC が高度に自動化していない場合はかなりの労働力が必要ですが、長い経済成長により、失業率は過去数十年間見られなかった低さにまで達しています。 これらの要因によって、昨年すでにオペレーション上の主要な問題であった、適格な時間給労働者を見つけられないことが、2018年にはさらに大きな懸念となっていることが、この調査からわかります。

今年、回答者の55%が労働力不足を最大の問題として挙げ、昨年の49%から上昇しました。 降順で、2018年の他の上位の問題は、不十分なスペース(44%)、時代遅れのストレージ、ピッキングまたは材料処理機器(38%)、および不十分な情報システム(32%)である。 この最後の問題であるITシステム能力についてのみ、回答者は36%の回答を集めた昨年よりも低い順位につけている。

2018年、回答者の87%が何らかの付加価値サービス(VAS)を行っていると報告し、2017年の90%からわずかに減少したが、過去数年の調査結果と一致している。 VASの種類としてよく挙げられるのは、特殊ラベル(87%)、特殊パッケージング(48%)、ロット番号管理(37%)、キッティング(33%)、シリアル番号管理(22%)、特殊ディスプレイ構築およびパッケージング(25%)です。

自社のシステムにはアイテムマスターにSKU重量および寸法データがあると回答した割合は、昨年の64%から今年は76%に上昇しました。 しかし、16% は DIM 重量データの欠如を主要な問題として見ており、前年よりわずかに増加しています。

もう 1 つの増加、およびこれは歓迎できない展開ですが、組織の 19% が今年、過去 2 年以内に自社のサプライ チェーンが壊滅的なイベントを経験したと報告し、昨年のこの質問にはいと答えた 15% から増加したことです。 たとえば、ボリュームやSKUの増加、スペースニーズの拡大があります。 また、ここ数年は、RFスキャンや音声システムから、AS/RSのようなより高度な自動化ソリューション、そしてロボット工学の若干の取り込みまで、自動化システムの導入が進んでいます。

これらのシフトすべてに単一の原因はありませんが、概して、強いビジネスと電子商取引の成長が、十分な労働力を見つける難しさに直面していることが原因です。

労働力不足について最後に1つ考えてみましょう。 2018年の調査は、アマゾンが10月上旬に米国の従業員の最低賃金を時給15ドルにすると発表した時点ですでに終了していました。 確かに、倉庫労働者の最大の雇用主の1つが給与を引き上げると、他の雇用主にとって労働力の逼迫がさらに頭に浮かぶようになります。

結局、業務をより効率化することによって労働ニーズを相殺する方法を見つけることが、今後も引き続き焦点となることは間違いないでしょう。

2019年1月16日

著者について

Roberto Michelモダン誌シニアエディターのロベルト・ミシェルは、1996年から主に製造業とサプライチェーン管理のトレンドを取材し、元スタッフエディターと元コントリビューターを務めています。 2004年からModernのコントリビューターを務める。 ProMat、北米マテリアルハンドリングロジスティクスショー、National Manufacturing Weekなど、数多くのショーのデイリーを担当。 連絡先は以下の通り。

Subscribe to Logistics Management Magazine!

Subscribe today. 無料です!
ロジスティクス・オペレーション全体をよりよく管理するために利用できる、タイムリーな内部情報を入手しましょう!

記事トピック

オートメーション&middotEコマース&middotピアレス研究会&middot倉庫&DC管理&middotすべてのトピック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。