2回目(または3回目以上)の甲状腺がん手術が必要な場合。 持続性または再発甲状腺癌

甲状腺癌が首に再発したことが懸念される場合、まず超音波ガイド下微細針生検を行って本当に癌であることを確認することにしています。 私たちのような世界で最も経験のある甲状腺外科医以外は、再発または持続性の甲状腺癌の患者を手術してはいけません!!!! 再発または持続性の甲状腺癌がある場合、絶対に最善の評価と外科的治療を受けるように下調べをしてください。 甲状腺癌が切除可能(除去可能)であると思われる場合は、手術が最も多く行われます。 手術の程度は、持続性または再発性の甲状腺がんの場所や位置、患者さんがこれまでに受けた手術の内容や質によって変わってきます。 中央コンパートメント手術と外側頸部郭清のセクションはあなたのために書かれたもので、そのどちらかの場所にある持続性または再発甲状腺癌に適しています。 ちょうどこのような状況での手術の例もありますので、ご覧になってください。 甲状腺癌の手術は、頸部疾患の管理、機能の温存、美容的外観に非常に効果的ですが、最も経験豊富で非常に多くの甲状腺癌手術の専門家によってのみ行われるべきものなのです。 私たちは、甲状腺乳頭癌の再発や頸部への残存を中央頸部と外側頸部の両方で98%に近い確率でコントロールできることを証明する論文を発表しています。 このような結果や長期成績を発表しているのは、クレイマン博士をおいて他にはいません。 クレイマン博士は、再発・難治性の甲状腺癌患者を管理した世界最大の経験を有しています。 手術のビデオというタブで、これらの手術のいくつかを見ることができます。 これらは実際の手術のビデオですので、手術を見るという概念が苦手な方はご覧になれないかもしれませんので、ご了承ください。 ビデオを見て、リンパ節内のすべての病気(と残った甲状腺組織)を効果的に取り除き、患者が声帯へのすべての神経を温存して病気を治し、副甲状腺と機能を維持できるかを見てください。

残った甲状腺組織内の持続または再発甲状腺乳頭がんは、呼吸管や声帯に直接転移する可能性についてより懸念されます。 このような状況では、最も熟練した経験のある甲状腺癌手術の専門家のみが管理すべきです。 この特殊な甲状腺がん手術の目的は、発声と嚥下機能、副甲状腺機能、気道制御を維持することです。 これらは甲状腺癌の手術の中で最も複雑で煩雑な手術です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。