14 strange phrases from around the world and what they mean

新しい言語を学ぶ際の楽しみの1つは、慣用句を拾い集めることです。

言語特有のおかしな言い回しは、その土地の歴史や文化に深く根ざし、特定の国での生活の意味や生き方を説明していることがよくあります。

ここでは、世界中の奇妙な慣用句を14個解説しますが、よく見ると実に賢明です。

この牛がオランダに住んでいないことを祈ろう()

「角を矯めて牛を殺す」

小さな欠点を直すことに固執して何かを詰まらせること。

この諺は古い牛の塊だと思うかい? ()

‘There is no cow on the ice’

There is no reason to panic, say the Swedes.

How now, brown cow? これが今のところ最後の牛の写真です()

‘Pretend to be an Englishman’

つまり、無実で何が起こっているのかわからないふりをするのです。 セルビア人はイギリス人との信頼関係に問題があるようだ

セルビア人は明らかにこの人に会ってない()

「俺のサーカスじゃない、俺のサルじゃない」

俺には関係ない、とポーランド人は言ってますね。

猿のいないサーカス()

「神は歯のない男に木の実を与える」

人生特有の皮肉についてコメントした古いアラビア語の格言です。

歯がなくても問題ない、とこの幸せな男は言う()

‘To set the dogs on someone’

… はラテンアメリカでは誰かといちゃつくことだそうです。 怖そうだなw

このフレーズが効いたみたいだな()

『皇帝が徒歩で行くところに行く』

ロシアでトイレに行くことだそうだ。

We hope you get our toilet humour ()

‘Feeding the donkey sponge cake’

Portuguese according to the special treatment to someone who doesn’t need it.

この熟語の意味を推測するのは朝飯前()

‘Live like a maggot in bacon’

ドイツ人は無類の肉好きで、ベーコンの中でウジ虫が生きている状態をうらやましいと思うのは不思議でしょうか()

‘Live like a maggot in bacon’

ドイツ人は無意識のうちにウジ虫のような状態を想像している。

ある男の肉は別の男の毒…。 ()

「耳に麺をぶら下げない」

ロシア語で「本当のことを言ってる」。 むしろ麺をぶら下げて欲しい。

※Wanderlust スタッフではなくモデルが撮影()

‘A camel cannot see its own hump’

鍋がやかんを黒いと言うのと同じで、言い換えれば偽善者である、という古いアラブの諺である。

この人はわかっている()

「誰かにかぼちゃをあげる」

スペインでは、それは誰かを立てる方法です。

あなたのデート相手は来ませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。