赤ちゃんを甘やかすことを心配したほうがいいのでしょうか?

いいえ、幼い赤ちゃんはまったく甘えません。 赤ちゃんには、あなたができる限りの世話と関心を払うことが必要です。 赤ちゃんは自立を学ぶ必要があると考える良識ある親戚のアドバイスは無視しましょう。

「甘えん坊」は、自分の欲しいものを手に入れるために、否定的な行動をとることを学んできました。 しかし、あなたの赤ちゃんはまだ幼いので、あなたをわざと操ったり困らせたりすることはできません。 おやつがほしい、おむつが乾いてほしい、ママやパパと一緒にいたいなど、自分の要求を伝えるために泣くのです。 あなたが赤ちゃんにすばやく対応することは、赤ちゃんの自己価値を高めることにつながります。

あなたが迅速に対応することで、赤ちゃんはより安心し、不安を感じなくなり、自分で世界を探検する勇気を持つようになります。 また、自分の泣き声を真剣に受け止めてくれていると理解すれば、意味もなく泣くことも少なくなります。 長い目で見れば、赤ちゃんの要求にすばやく応えることで、執着や要求が減るのです。

生後6~8カ月になると、赤ちゃんは、ハイチェアから食器を落とすと落ちることに気づくなど、原因と結果によく気がつくようになります。 また、自分の行動とあなたの反応との間に直接的な関連性を見出すようになります。 この時期には、ある程度の制限を設けてもよいでしょう。 赤ちゃんが必要のないものを取ろうとして泣き出したら、じっと我慢して、落ち着いたら抱きしめてあげましょう。 同様に、良いことをしたら抱きしめてほめ、危険なことをしたら優しく注意します。

愛情と指導を適切にブレンドすることで、子どもはやがて自分の居場所を理解するようになります。 しかし、今は、できる限り多くの注意と安らぎを与えることに集中しましょう。 どんなにたくさん与えても、それはその子が必要とする以上のものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。