生花を長持ちさせる方法

Getty

Prepresh flowers correct

花瓶に入れる前に茎の端を切り取るのは知っていますが、実はハサミを使ってしまうと花が傷むことを知っていましたか?

また、水面下にある葉は、バクテリアが繁殖し、花に致命的な打撃を与える可能性があるため、取り除きます。

毎日花をチェックし続け、枯れたり緩んだりした葉や花びらを取り除くと、細菌による腐敗の原因になります。

Getty

生花には何か食べさせる

マジで!!

生花には何か食べるものを食べさせる。 花瓶の水に小さじ1杯の砂糖を加えると、本来は花の栄養となり、花の鮮度が長持ちします。

あるいは、レモネードを約1/4カップ水に加えると、同じ効果が得られます。 幸いなことに、家庭用の便利な添加物がたくさんあるので、それを使ってこの問題に対処することができます。

Getty

Add some bleach

花の水に漂白剤を加えるというアイデアは直感に反するかもしれませんが、花瓶に数滴加えるだけで、フラワーディスプレイをより長く維持することができます。

漂白剤は、水や花の茎、花瓶の中の細菌を殺すのに役立ち、また水が濁るのを防ぎます(ガラスの花瓶を使用している場合は、さらに効果があります)。

必要な量はほんの少しで、1リットルの水に数滴、または小さじ1/4の漂白剤を入れます。

Getty

リンゴ酢も試してみましょう

リンゴ酢を花の水に入れても抗菌剤として有効に働き、環境のpHバランスを整える作用があるそうです。

酢大さじ2と砂糖大さじ2を混ぜ、水を入れた花瓶に入れてからお花を入れましょう。

Getty

Top up with vodka

Clear Spiritは、花の水中のバクテリアの成長を最小限に抑え、また、切らずにいたときの花の栄養を与えるためのもうひとつの選択肢となります。

ウォッカ(または手持ちの透明な蒸留酒)を数滴、重要な砂糖小さじ1杯と一緒に水に入れてください。

Getty

Drop in an aspirin

頭痛を解決するだけでなく、アスピリンは水のpHレベルを低下させると考えられています – さらに、市販薬に含まれているサリチル酸は水を清潔にして花を傷つける細菌を取り除くのに役立つでしょう。

アスピリン1錠をスプーンの背でつぶし、花を入れる前に花瓶の水に粉末を混ぜます。

Getty

水を定期的に変える

これだけ混ぜ込んでも、花を長持ちさせるには、花瓶の水の鮮度を保つことが大事です。

水は2日に1回、常温の水と交換し、水を入れる前に食器用洗剤で花瓶をよく洗い、細菌を取り除きます。 新しい砂糖や、長持ちさせるために使っているその他の添加物を加えることも忘れずに。

Getty

Spritz the petals

ホーム&ガーデン女王マーサ・スチュワートのアドバイスは、何も気にすることはありません!

彼女はウェブサイトで「茎に加えて、花も花弁を通して飲んでいます」と書いています。

「水を入れたじょうろを常備しておけば、近くを通るたびにひと吹きしてあげられます。”

Getty

Refrigerate fresh flowers overnight

Florists keep their flowers in a refrigerated space and a many anecdotal evidence to suggest that flowers thrive in cool environment.とあるのは、花屋が冷蔵スペースに置いている理由があるのです。 特に水銀が上昇する夏には、低温が老化のプロセスを遅らせます。

毎晩寝る前に、花瓶に入れたまま冷蔵庫に入れ、6~8時間冷やし、朝には再び花を飾ってください。

Getty

Tips for roses

Delicate rosesにも他の花と同じ秘訣がありますが、このクラシックフラワーをより愛でるために、いくつかの特別なステップがあります。 そうすることで、花が完全に開きます。

バラを冷蔵庫に入れるときは、温度が4.4度以下になっていることを確認し、冷蔵庫の中の果物は取り除いてください。 果実からはガスが発生し、雑菌の繁殖を促し、バラを劣化させる可能性があります。 必ず6時間以上置いて、水を吸収させるようにしましょう。

Getty

Tips for when fresh flowers are gift

Keep, cut flowers will not last last with water, so if you have to buy them hours or even the day before you going to to渡すとき、すぐに少し水を含ませるようにしましょう。

しばらく(例えば一晩)置いておく場合は、ラッピングを外し、余分な葉(バラの場合は花弁も)を切り落とし、茎を少し手入れします。 その後、水に浸けて冷蔵庫に入れると、できるだけ長く新鮮さを保つことができます。 花を保存したい場合は、ドライフラワーにしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。