独り言は考えるための技術

今週、ある女性が私の通りを散歩しながら、円を描くように歩き、独り言を大声で話していました。 人々は彼女を気まずそうに見ていましたが、彼女は特に気にすることなく、元気に歩き、話し続けていました。

そう、その女性は私でした。 問題を解決したいとき、アイデアを練りたいとき、文章を記憶したいとき、私はいつもこの奇妙な仕事上のルーチンに頼っています。 その結果、近所でも評判になったが、思考力や会話力が格段に向上した。

声を出すことと考えることが密接に関係しているという考え方は、新しいものではありません。 古代ギリシャやローマでは、Marcus Tullius Ciceroのような偉大な雄弁家の仕事の中で生まれました。 しかし、おそらくこの考え方の最も興味深い近代的展開は、ドイツの作家ハインリッヒ・フォン・クライストのエッセイ「話しながら徐々に思考が形成されることについて」(1805)に現れています。 クライストはここで、思考方法として発話を用いる習慣について述べ、何かを考えるだけでは発見できないのであれば、自由な発話の過程で発見できるかもしれないと推測している。 私たちは通常、抽象的な思考の始まりを抱いているが、積極的な発語によって、曖昧な思考を全体的なアイデアに変えることができると書いている。 思考が発語を生み出すのではなく、発語が創造的なプロセスであり、それが思考を生み出すのである。

ポジティブ心理学の精神に基づき、自己強化の手段として音声による自己肯定の力に注目が集まっています。 しかし、クライストが言うように、自分自身に話しかけることは、より幅広い使用例が考えられる認知的・知的なツールでもある。 認知や学習の科学における現代の理論は、クライストの推測を再確認し、セルフトークがモチベーションや感情の調節だけでなく、メタ認知や推論の発展といった一部の高次認知機能にも寄与していることを示している

セルフトークがそれほど有益なら、なぜ我々は常に自分に話しかけていないのだろうか。 セルフトークとインナースピーチの間のダイナミズムは、前者の怪しげな社会的地位を説明するかもしれない。 セルフトークはしばしばインナースピーチ(心の中の静かな内なる声、それ自体が顕著な認知機能を持つ)の早まった同等物と見なされている。 発達心理学者のレフ・ヴィゴツキーが1920年代にすでに推測していたように、子供に典型的な、内心を実際のセルフトークで表現する傾向が内面化され、大人になると声のないインナースピーチに変化するのである。

自分語りは、子供や知的障害者、シェイクスピアの独り言など、プライベートで行われる場合にのみ正当とみなされる

ヴィゴツキーの見解は、行動主義として知られる心理学派の対抗馬であり、子供の自分語りを(おそらく)能力の低い心の副産物であると見なすものであった。 しかし、ヴィゴツキーは、セルフトークには積極的な精神的役割があると主張した。 彼は、子どもが大きな声で独り言を言いながら作業をする様子を観察し、その「私語」が精神発達の重要な段階であるという結論に達した。 そして、子どもの他者との対話は、次第に自己との対話-セルフトーク-へと変化し、成人すると無言のインナースピーチとなる。 ヴィゴツキーの後継者である心理学者チャールズ・ファーニホーは、インナートークが問題解決、ワーキングメモリーの活性化、社会的出会いの準備など、さまざまな認知機能を促進することを実証している。

しかし、セルフトークの内面化は必ずしも認知的成熟の証拠ではなく、むしろ社会的圧力に直面して本質的な認知スキルの退化を表している可能性があるのです。 社会学者のアービング・ゴフマンは、自分語りは「間主観性への脅威」であり、発話はコミュニケーションであるという社会的前提に反するため、タブーであると指摘した。 彼は著書『Forms of Talk』(1981年)の中で次のように書いている:『私たちが言うことのできる状況はない。 申し訳ない、今すぐには来られないんだ、独り言で忙しいんだ」と言えるような状況はない」。 セルフトークは、プライベートで行われるとき、子供、知的障害のある人、シェイクスピアの独り言のときのみ正当とされる。

しかし、セルフトークは、大人でもインナースピーチより一定の利点を享受している。 まず、無言のインナースピーチはしばしば「凝縮された」部分的な形で現れる。Fernyhoughが示したように、我々はしばしば単一の単語や凝縮された文章を使って無言で自分自身に語りかける傾向がある。 これに対して、声に出して話すと、リズムやイントネーションを使って、自分の考えを完全に取り出すことができ、その語用論的な意味を強調し、発展的で複雑なアイデアの創造を促します。 声に出すことは創意工夫であり、創造的です。発せられる単語や文はそれぞれ、既存の思考をもたらすだけでなく、新しい精神的、言語的つながりを誘発します。 話すことと書くことのどちらの場合も、言語の物質性が(聞こえる音や書かれた記号に)変換され、その結果、精神的な変化が生じるのです。 この変換は、単に思考を別の記号に変換するだけではありません。むしろ、精神的プロセスに新しい情報を追加し、新しい精神的カスケードを発生させるのです。 だからこそ、創造的なブロックに対する最善の解決策は、空のページの前で考えようとしたり、単に思考が到着するのを待つことではなく、実際に、この生成的なプロセスを信頼しながら、(何でも)話し、書き続けることなのです」

自分に向かって大声で話すことも、自分自身の会話の対話の質を高めることになります。 目に見える相手はいないが、自分に向かって話すことで、相手のイメージを積極的に構築し、自分の「心の理論」(他人の精神状態を理解し、相手の想像した期待に従って話したり行動したりする能力)を活性化することができるのだ。 無言の内言は、内なる対話としても現れるが、その切り捨てられた形は、私たちに「秘密の」省略言語を作り、心のショートカットを展開することを促す。 セルフトークは、自分自身をより完全に表現することを強いることによって、想像上の聞き手や尋問者のイメージをより鮮明に呼び起こす。

また、セルフトークは、人が動いているときや歩いているときに直感的に行われることが多いことにお気づきかもしれませんね。 何かを話そうとしながら部屋の中を行ったり来たりしたことがある人は、このテクニックを直感的に使ったことがあるのではないでしょうか。 考える必要があるときに歩くのは偶然ではありません。運動が思考と学習を強化し、その両方が脳の運動制御の同じ中心で活性化されることを示す証拠があります。 体現された」認知に関する認知科学の有力なサブフィールドでは、行動そのものが認知プロセスを構成しているという主張がある。 つまり、楽器を演奏する、文章を書く、話す、踊るなどの活動は、脳で始まり、行動として身体に発せられるのではなく、心と身体が協調して、創造的で統合された全体として働き、順番に展開し、互いに影響し合うのである。 したがって、私たちの多くが、こうした直感的な認知筋を活性化させない、それどころか、しばしばそれを避けるよう促すような職場や学習環境に閉じ込められていることは、重大な問題です

話すことを一見不要にする技術開発も、認知の潜在能力を最大限に活用する妨げになっています。 最近、技術起業家のイーロン・マスクは、言語のない近未来に向かって前進しており、そこでは神経リンクを通じて直接心と心を通わせることができるようになると宣言しました。 私たちの脳は、複雑な概念を言葉に圧縮するのに多くの労力を費やしています。複雑な概念を言葉に圧縮する際には、多くの情報損失が発生します」と彼は最近のインタビューで述べている。 しかし、マスクが「努力」「摩擦」「情報の損失」として挙げるものには、認知的な利益も含まれています。 音声は、単にアイデアを伝達するための導管や、直接的なコミュニケーションのための代替可能な媒体ではなく、思考を高める生成的な活動なのです。 神経接続は主観的なコミュニケーションを容易にするかもしれないが、話しながら考えるという技術に取って代わることはないだろう。

ですから、今度あなたの街で、散歩しながら独り言を言っている人を見かけたら、その人を判断する前に待ってください-彼女はちょうど集中作業の最中かもしれないのです。 彼女は「ごめんなさい、今はおしゃべりできないの、独り言で忙しいの」と言えたらいいのに、と思っているかもしれません。 そして、もしかしたら、いつかあなたも同じようになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。