流産を確認する

超音波検査は、ほとんどの流産を診断することができます。 また、妊娠の一部が子宮内に残っている流産を診断することもできます。

  • 妊娠検査で陰性だった場合
  • 妊娠超初期の場合-妊娠初期の流産は確認が難しい

経膣超音波検査

流産の疑いがある場合、経膣超音波検査を受けてもよいかも知れません。 これは、医療専門家があなたの膣にプローブを入れて行う超音波検査です。

この種の検査は、流産している場合、たとえ出血していても受けても安全です。

血液検査

流産が起こったかどうかを確認するのに数週間かかることもあります。 超音波検査や血液検査を複数回受ける必要があるかもしれません。

妊娠初期評価室(EPAU)

産院の妊娠初期評価室(EPAU)または救急室で診てもらうことができます。 EPAUは、妊娠の最初の3ヶ月に問題がある女性をケアします。

EPAUには通常、産科医、助産師、超音波スキャンができる人、そして受付スタッフがいます。 病院は、このサービスを病院の他の部分から部分的に切り離すようにしていますが、これは一般的に限られた時間内にしか実行できません。 フォローアップの予約が必要な場合は、通常、産院のEPAUで行われます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。