木製家具を剥がさず、サンディングせずにリフォームする方法

私自身が使用する製品のみを推奨し、ここで述べられたすべての意見は私たち自身のものです。 この記事はアフィリエイトリンクが含まれている場合があります。そして、あなたが追加費用なしでそれらのリンクから購入した場合、私は小さなコミッションを得ることがあります。 私は、サンディングやストリッピングなしで完璧なソリューションを発見した! 一般的な仕上げは、完成した木材の上に適用することができますゲルステインのラインを運びます。 この新しい発見で、私は完璧な宝物でいっぱいのアンティークショップの大人のキャンディーストアにいる子供のような気分です。 この記事は、私はちょうどこの製品を愛してスポンサーされていません!

初心者として、私は地元の木工店で1/2パイントあたり20ドルで私を購入しました。 今、amazonで(天使の歌声)16.95ドルで発見しました amazonプライムがなくてどうするんだ、マジで。 この製品は一般的なステインより少し高いですが、時間を節約できる点で全く価値があります。 少量で効果があります。 このテーブルトップには、1/2パイント容器のステインの約1/4とトップコートの約1/2を使いました。

作業時間は1時間弱で、平均サイズのダイニングルームのテーブルトップが完成しました。 このテーブルのリフィニッシュをするのをずっと待っていた自分を責めました。 結婚当時は夫のテーブルでした。 長年にわたって我が家の中心にあり、打撃を受けてきました。 手芸でついた大量の傷、温めたお皿の白い点、除光液による仕上げの欠けなどがありました。 私は常にランナーやプレースマットを置いて、すべての欠陥を隠していました。 以下、全セットの本当のビフォーです。

サプライズ

私はジェルステインを購入しましたが、それ以外はプロジェクト用に手元に置いています。 このフォームブラシは、使い終わったら捨てるだけのお手頃価格なので、木を染めるのに最適です。 ステインを塗るときは、手袋が必需品です。 ステインを塗るときは必需品です。何度か手袋なしで作業したことがありますが、何日も2号が手に付いたような状態になりました。 プラスチック用には、去年の夏にやったDIYの滑り台のものがお店にあります。 私のクレイジーなプロジェクトのために重宝しています。 amazonの宅配便の大きなダンボール箱も使えると思います。 ショップの青い使い捨てタオルは、糸くずが残らないし、とても厚みがあるので気に入っています。 同じ箱を1年使っています。 古いTシャツも使えますよ。

General Finishes Gel Stain (Antique Walnut)

General Finishes Gel Top Coat (Satin)

Foam Brush

Gloves

Plastic Drop Cloth

Disposable Shop Cloths

Step 1: 下準備

私はこのテーブルをダイニングルームで作りました。 椅子を出して、テーブルの下にビニールを敷いただけです。 下地処理として、万能クリーナーを使ってテーブルを拭きました。 私はお説教やチップ・イングラムを聴きながら作業をするのが好きなので、そのための環境を整えました。 私は手の届く範囲にすべての私の供給を維持したので、私は汚れに覆われた手袋で家の中をパレードする必要はありません。 さあ、ステインを塗ってみましょう。 部分的に作業するのがベストです。 私はテーブルの半分を一度にやりました。 泡立てたブラシで、木目に沿ってステインを塗っていきます。 この製品はとても厚みがあるので、作業しやすく、コントロールしやすい。 一通り塗ったら、ショップの服で裏から余分なものを拭き取りました。 このように2回ほど重ね塗りをしました。 一回塗るのに数分しかかかりませんでした。 30分〜1時間くらいで乾くようにしました。 このように、1回に塗る時間は30分から1時間程度を目安にしています。 そのため、もう一度塗り直しました。 前と同じように薄く塗って、15分ほど置いてから拭き取りました。 このとき、シミのついた服の片方を使い、シミを取り過ぎないように優しく拭き取りました。 この作業を、シミがすべてテーブルの他の部分になじむまで続けました。 希望する外観になったら、作品を硬化させます。 少なくとも24時間は待つようにします。 そのため、ブラシや布を捨てる前に、平らにして乾燥させることが重要です。 私は通常、ガレージのベンチに置いています。 私はこのステップでは透明なので手袋を使いませんでしたが、そうすることもできます。 私はサテン仕上げを選択しました。 ポリウレタンを使ったことがあるなら、これは本質的に同じもので、ただ厚いだけです。 このステップでは、泡ブラシを使用しました。 ステインと同じように、木目を生かすように塗りました。 この製品はきれいに定着し、仕上げにブラシの跡を見ることも感じることもありません。 ダイニングテーブルのため、人の出入りが多いので、何度か重ね塗りをしました。 8707>

またこのステインを使うのが楽しみでなりません! このテーブルに新しい生命を吹き込むのはとても簡単でした。 新しい命といえば…先週、私の幼児がこのテーブルもきれいにしようと思いました。 私の次のプロジェクトは何だろう? リストは終わりがありません😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。