妊娠中の妊娠線を防ぐ5つのポイント

妊娠線とは、肌にできるへこんだ縦線のことで、紫、ピンク、薄いグレーなどさまざまな色で現れることがあります。 妊娠中に伸びる部分、つまりお腹の部分にできる妊娠線についてだけ考えるかもしれません。

危険因子としては、太り過ぎや、妊娠線の家族歴があることなどが挙げられます。 妊娠中の女性の50~90%が妊娠線に悩まされますが、その多くは時間の経過とともに薄くなり、目立たなくなります。 また、妊娠線ができやすい人でも、妊娠中の妊娠線を防ぐために、以下の5つのステップを実践してみましょう。 さらに、妊娠線は、単にあなたが特定の必須栄養素を欠いていたために発生することがあります。 ビタミンC、E、D、亜鉛は、妊娠線を予防するのに役立つ、バランスのとれた妊娠中の食事に欠かせない要素です。 また、妊娠線予防のために、妊娠前ビタミンを摂取することも効果的です。産婦人科では、推奨される栄養素の量を含む最高の妊娠前ビタミンを見つけるためのガイダンスを提供しています。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。 穀類、野菜・果物、乳製品、タンパク源は、それぞれ食品群に分類されます。 バランスのとれた食事の例としては、鶏もも肉、サツマイモまたは全粒粉パンのスライス、チーズ入りブロッコリーなどがあります。

水分を保つ

妊娠中は多くの理由から水分を十分に摂取することが有効です。 水は、あなたと成長中の胎児に栄養を運ぶのを助けます。 また、妊娠中によくある尿路感染症(UTI)の予防にも役立ちます。 さらに、適切なレベルの水分補給は、疲労回復、むくみの防止、つわりの緩和にも役立ちます。 実際、妊娠中に脱水症状を起こすと、頭痛や吐き気、けいれんなどが起こることがあります。 しかし、水分補給がしっかりできているということは、肌もしっかり潤っていて、さらに柔らかくなっているということです。 簡単に言えば、柔らかい肌は、乾燥した荒れた肌よりも妊娠線ができにくくなります。

あなたの活動レベルや天候がこの毎日の水分摂取目標に影響を与えることができるので、一日にどれくらいの水を飲むのが適切であるか、医師に確認してください。 また、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」……痒いところに手が届くとは、こういうことなんですね。 妊娠中の体重増加はどの程度が適切かについては、多くの意見が存在します。 実際に2人分の食事をするべきではありませんが、カロリーを増やすことはできます。

体重増加の総量は個人によって異なるため、自分にとって何がベストなのか、主治医と相談してください。 この数字は、ほとんどの患者のための25から35ポンドの間に落ちるでしょう。 しかし、あなたの理想的な体重増加の数値は、あなたが妊娠中に太り過ぎか太り過ぎでないかによって変動する可能性があります。 特に妊娠中に直射日光を浴びるときは、慎重になることが非常に重要です。 妊娠中は肌が敏感になりがちです。 このことを念頭に置いて、妊娠中に数分間、太陽の下で過ごすと、妊娠線予防に必要なビタミンDを摂取できます。

新しい妊娠線を速やかに治療する

妊娠線ができても、すぐに治療することができます。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」………………..。 また、医師は、ストレッチマークの原因となっている可能性があるものをよりよく判断し、治療オプションに関するいくつかのガイダンスを与えることができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。