医療用スキャンや空の旅はがんの原因になりますか?

どのような放射線ががんの原因になりますか?

高エネルギー(電離)放射線は、人がたくさん浴びるとがんの原因になることがあります。 これは、私たちの細胞に影響を与え、DNAを損傷する可能性があるからです。

電離放射線は、携帯電話や4G、ラジオから発せられる放射線とは異なります。 これらの放射線源ははるかに低いエネルギーの放射線を使用しており、癌の原因にはなりません。

私たちは毎日、少量の電離放射線に自然にさらされています。 英国での主な発生源は、地面からのラドンガスです。

また、X線などの人工的な電離放射線源もあります。

Can X-rays and CT scans increase the risk of cancer?

There is evidence that radiation from medical imaging (such as X-rays) slightly increases the risk of cancer.

A about 6 in 1,000 cancers in the UK are linked to this type of radiation.

There are the extent of human health effects of electricising radiation.

³,000を超える放射線は、癌のリスクを高める可能性があります。 しかし、健康上のリスクは、病状を正しく診断し治療しなければ、はるかに低いものです。

医療用のX線画像やその他の種類の画像は、骨折からがんに至るさまざまな病気の診断に役立つ非常に重要なものです。

電離放射線を使用するその他の画像診断には、マンモグラフィ(乳房の検査に使用)や透視法(消化器系を見るためのバリウムX線など)があります。

医療画像による放射線量は、通常、長期間にわたって自然に浴びるよりも少なくなっています。

  • 検査の種類-例えば、X線は通常CTスキャンよりも少ない放射線量です
  • 検査する体の部位-例えば、歯のX線は胸のX線よりもリスクが低くなります
  • 年齢-若い患者はよりリスクが高くなります。 胎児のリスクも高いので、妊娠している可能性があるかどうかを聞かれます。

X線検査について心配すべきでしょうか。 しかし、場合によっては、レントゲン撮影が最善の方法であることもあります。

自分が受けたレントゲン撮影の回数が気になる場合は、主治医に相談してみてください。 また、これ以上受ける必要がないということかもしれないので、以前に受けたX線検査についても医師に伝えてください。

がんの治療で用いられる放射線については、放射線治療のページをお読みください。

飛行機による放射線はがんの原因になりますか?

飛行機による旅行は最も安全な旅行方法の一つで、がんのリスクに影響することはほとんどありません。

乗客はごく少量の放射線を余分に受けますが、たとえ頻繁に飛行機を利用する人であっても、がんのリスクには影響しないと思われます。

空港のボディスキャナーは放射線を使っていますか?

一部の空港ボディスキャナーには、非常に微量の電離放射線が使われています。 スキャナーの種類は3つあります。

  • ミリ波スキャナ-電離放射線の一種である電波を使用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。