リーキー財団|沿革

創設メンバーのジョーン・トラヴィス(左)と「リーキーの天使」ブルート・ガルディカス、ジェーン・グドール、ダイアン・フォッシー

ルイス S. B. リーキー博士は20世紀最大の人類学者の一人で科学教育と普及活動の精力的な推進者でもありました。 1960年代、博士は講演と研究資金集めのために米国を訪れた際、人類の起源と進化に興味を持つ熱心な人々に出会いました。 リーキー博士と彼の考えに触発された彼らは、人類の起源研究を学際的に推進するためのグループを立ち上げたのです。 1968 年に彼らはリーキー財団を設立し、ルイとメアリーのフィールドワークや、ジェーン・グドール、ドン・ジョハンソン、ディアン・フォッシー、ビルテ・ガルディカスといった若い科学者の画期的な研究を支援するようになったのです。 今日、リーキー財団は、Zeresenay Alemseged、Jill Pruetz、Dan Lieberman、Frederick Grine、Sileshi Semaw、その他多くの研究者の重要な研究を支援し続けています。 今日の著名な人類起源研究者の多くは、リーキー財団からの助成金で研究をスタートしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。