ラセックの目の手術

ラセックの目の手術とは

ラセックの治療は、目の表面にある上皮の下にある角膜の表面にレーザーを照射することです。 上皮は希釈されたアルコール溶液で柔らかくされ、その後優しく脇に移動されるため、角膜が露出してレーザーを照射することができます。

治療

LASEK 眼科手術は無菌状態で行われます。 また、この手術では、瞼が開かないように小さなクリップを使用します。 ほとんどの患者は、治療中に目にわずかな圧力を感じると言いますが、中には全く何も感じないと言う患者もいます。 目を保護する薄い外側の細胞層(上皮)はアルコール溶液で柔らかくされ、そっと脇に折り畳まれます。

乱視矯正のための追加のレーザー治療が必要な場合は、短い休止時間の後、さらに15秒かかります(必要な矯正のレベルにより異なる)。 その後、上皮は優しく元の位置に押し戻されます。 レーザーには虹彩にロックするトラッカーがあり、目の動きに正確に追従し、目が動いたら自動的にレーザーが停止します。

治療室には片目あたり10~15分ほど滞在する予定ですが、実際にレーザーが目に照射されるのは1分もかかりません。

治療後

ラセック治療の後は、友人や親戚を同伴して帰宅することを強くお勧めします。 また、安眠のために睡眠薬が処方されることもあります。 治療後の最初の数日間は目薬の軟膏を塗る必要がありますが、その間に目の表面は回復し、より鮮明な視界が戻ってきます。 治療後すぐにクリアな視界を得ることができ、目の回復を早めます。

LASEK眼科手術の考えられる副作用

中程度の矯正レベルのLASEKは、副作用が非常に少なく、合併症はまれですが、すべての手術と同様に発生する可能性があります。 副作用と可能性のあるリスクは、LASEK治療を受ける前に読んで署名してもらう同意書に記載されています。

カウンセリングと治療

治療を受けることを決めたら、通常、カウンセリングで予約を取ります。 施術日の1週間前に担当医と面談し、目の状態を確認し、施術に問題がないことを確認します。 治療後、最長で2週間は運転できませんが、アフターケアのために再び来院された際に、検眼医があなたの視力が運転できるレベルであるかどうかを確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。