フランツ・アントン・メスマー

Franz Mesmerは1734年5月23日、スイスのイツナング村に生まれた。 15歳でバイエルンのディリンゲンのイエズス会大学に入学し、そこから1752年にインゴルシュタット大学に進み、哲学、神学、音楽、数学などを学んだ。 やがて彼は医学の道に進むことを決意する。 1759年にウィーン大学に入学し、1766年に医学の学位を取得した。

その後、メスマーはウィーンに定住し、健康に影響を与える体内の目に見えない液体についての概念を発展させ始めた。 当初は磁石を使ってこの液体を操作していたが、次第に磁石は不要であり、むしろ触れたものが磁化され、健康をもたらす液体が自分の体から発せられていると考えるようになった。 メスマーは、治療には患者との信頼関係が不可欠と考え、さまざまな装具を使ってそれを実現した。

メスメルの方法はウィーンの医学界では嫌われ、1778年にパリに移り、より良い受け入れ態勢を望んだ。 フランスでは、医師を除いては圧倒的な人気を博した。 そのため、フランス政府はメスメルの権威を失墜させるべく、度重なる取り締まりを行った。 しかし、政治が混乱し革命が起こっていた当時、このような努力は大多数の人々の健康享受を妨げるものとみなされ、メスメリズムの人気は衰えることがなかった。 しかし、メスメルはフランス革命の勃発とともにスイスに引きこもり、余生を過ごすこととなった

批判者たちは、メスメルの方法に注目し、治癒は患者の心の中にのみ存在すると主張した。 19世紀、イギリスのジェームズ・ブレイドらによるメスメルの研究は、メスメルの治療で重要なのは患者の反応であることを明らかにした。 ブレイドは「催眠術」という言葉を導入し、催眠現象は本質的に生理的なものであり、液体に関連したものではないと主張した。 さらにその後、フランスでA.A.リーボーやイポリット・ベルナイムが、催眠現象は心理的な力、特に暗示によるものであるとする研究を行い、メスマーとベルナハイムは催眠術の原理を明らかにした。 19世紀、このような科学的な変容を遂げる一方で、メスメリズムは、他の方面では、オカルティズム、スピリチュアリズム、信仰療法とより密接に関連し、最終的にはクリスチャン・サイエンスの基礎となったのである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。