バージニア州子供親権法

セクション(s):
VA. CODE ANN. § 20-124.2; 20-124.3

A. 未成年の子供の親権または面会交流が問題となる場合、巡回裁判所または地方裁判所にかかわらず、裁判所は、すべての事実を十分に考慮した上で、その問題で生じる他の考慮事項に先立ち、子供の扶養および維持を含む親権および面会交流の取り決めを迅速に裁定するものとする。 裁判所は、第20条第103項に定める通り、訴訟を保留する命令を下すことができる。 親権および面会交流の取り決めを決定するための手続きは、現実的であり、司法の目的に合致する限り、家族の尊厳および資源を維持するものとする。 調停は、適切な場合には、訴訟の代替手段として使用されるものとする。 親権および面会交流の問題で調停が使用される場合、その目標には、子供の居住スケジュールおよび養育の取り決め、ならびに両親間の紛争が将来どのように処理されるかに対処する提案の作成を含むことができる。 B. 親権の決定において、裁判所は子供の最善の利益を第一に考慮するものとする。 裁判所は、適切な場合には、未成年の子供が両方の親と頻繁かつ継続的に接触することを保証し、両親が子供の養育の責任を分担することを奨励するものとする。 父母の間においては、いずれか一方に有利な推定または法律の推論は存在しないものとする。 裁判所は、親子関係の優先に十分配慮しなければならないが、明確かつ説得力のある証拠により、それによって子の最善の利益がもたらされることを証明した場合には、正当な利害関係を有する他の者に親権または訪問を認めることができる。 裁判所は、共同親権または単独親権を与えることができる。B1. 親に関して、子供の親権または面会交流に関するいかなる事件または手続においても、裁判所は、その裁量で、「面会交流」という用語と同義である「子育て時間」という用語を使用できる。C.裁判所は、当事者の子供のために扶養料を支払うよう命ずることができる。 当事者の一方の要求があれば、裁判所は、そのような扶養料の支払いが§23.1-700に定義される特別必要信託またはABLE貯蓄信託口座に行われるよう命じることができる。 裁判所はまた、(i)フルタイムの高校生であり、(ii)自立しておらず、(iii)養育費を求める側または受け取る側の家庭に住んでいる18歳以上の子供に対して、その子供が19歳に達するか高校を卒業するかどちらか先に起こるまで、養育費を支払い続けることを命ずるものとする。 また、裁判所は、(a)重度かつ永久的な精神的または身体的障害があり、その障害が18歳に達する前、または(i)、(ii)、(iii)の要件を満たす場合は19歳に達する前に存在した18歳以上の子供、(b)独立して生活し自活することができず、(c)養育権を求め、または受け取る親の家庭に住んでいる子供のために、扶養費を支払いまたは支払い続けるように命じることができます。 さらに、裁判所は、法律で規定されているように、扶養義務が終了する時期を越えて扶養義務を延長する当事者の規定または合意を確認することができる。 裁判所は、死亡した当事者の遺産によって支払われるべき子供の扶養を命じる権限を有しない。 D. 未成年の子供の親権または面会交流が問題となる場合、巡回裁判所または地方裁判所にかかわらず、裁判所は、子供の最善の利益についての裁判所の判断を助けるために、独立した精神保健または心理学的評価を命ずることができる。 E. 裁判所は、本条または第20-103条に従って下された命令を実施するために必要な追加命令を下す権限および管轄権を継続的に有し、これには当事者が命令の規定に従わない場合、法廷侮辱として処罰する権限も含まれるものとする。 親または子供の法的監護権を持つその他の者は、子供の最善の利益のために、子供の親が連邦法または他の州、米国、または外国の司法権の実質的に類似した法律に基づき、(i) 殺人または故殺に当たる犯罪で有罪判決を受けた場合、10年以内の任意の期間、その子供の親権および訪問に関する請願を行うことを禁止するよう裁判所に請願することができ、裁判所はそれを禁止する命令を発することができる。 または、犯罪の被害者が、親の子供、犯罪発生時に親が同居していた子供、または子供のもう一方の親であった場合、そのような犯罪を犯す重罪の企て、陰謀、または勧誘を行った場合。 または(ii)犯罪の被害者が親の子供または親が犯罪時に一緒に住んでいた子供である場合、重篤な身体傷害をもたらす重罪、重篤な身体傷害をもたらす重罪、または重罪の性的暴行である。 このような親権および面会交流の申立てを差し止める申立てがなされた場合、裁判所は§16.1-266.F.に従って子供のための訴訟代理人を選任するものとする。 親権または面会交流の事件または手続きにおいて、本条項または§20-103に基づき当事者の子供の学校への出迎えを禁止する命令が下された場合、裁判所は当該事件または手続きの当事者に対し、当該当事者が当該親権または面会交流命令を受領してから3営業日以内に子供が在籍する学校へ当該親権または面会交流命令の写しを提供するよう命じなければならない。親権に関する決定が、当該親権命令の対象となる子供の学校への入学に影響し、当事者が子供を学校に迎えに行くことを禁止する場合、裁判所は、当事者が当該命令を受け取ってから3営業日以内に、子供が入学する予定の学校に当該親権命令の写しを提供するよう、当事者に命じなければならない。 親権または面会交流に関する命令の写しを提供するよう当事者に指示するこの命令は、さらに、子供の学校への入学にその後変更があった場合、子供がその後入学した新しい学校へ、その入学から3営業日以内に親権または面会交流に関する命令の写しを提供するよう当事者に要求するものとする。裁判所が、当事者が監護命令または面会交流命令を学校に届けることができないと判断した場合、当該当事者は、学校の校長の名前と住所を裁判所に提供し、裁判所は、その校長に第一種郵便で命令を郵送させる。本項のいかなる内容も、学校の職員に、当該監護または面会交流命令の条項を解釈または執行するよう求めるものと解釈されてはならない。20-103条に基づく仮命令を含め、親権または面会交流の取り決めを決定するための子供の最善の利益を決定する際、裁判所は以下を考慮するものとする。 各親と各子供の間に存在する関係で、子供の生活への積極的な関与、子供の感情的、知的、身体的ニーズを正確に評価し満たす能力を十分に考慮すること。 兄弟、仲間、大家族を含むがこれに限らない子供の他の重要な関係を十分に考慮した上での子供のニーズ。 子供の養育と世話において、それぞれの親がこれまで果たしてきた役割、および今後果た すことになる役割;6. それぞれの親が、もう一方の親と子供との接触や関係を積極的に支援する傾向(親がもう一方の親に子供との接触や訪問を不当に拒否したかどうかを含む);7. 各親が子供と緊密かつ継続的な関係を維持する相対的な意思と実証された能力、子供に影響を与える事項に関する紛争に協力し解決する各親の能力、8. 子供が合理的な知性、理解力、年齢、経験を持ち、そのような希望を表明できると裁判所が判断した場合、子供の合理的な希望 9. 16.1-228条に定義されている家庭内虐待、または性的虐待の既往歴があるかどうか。 裁判所がそのような経歴を認めた場合、裁判所は6項の要因を無視することができます。 裁判所が判断に必要かつ適切と考えるその他の要因。裁判官は、口頭または書面により、判断の根拠を当事者に伝えるものとする。 親権および面会交流に関する同意命令の場合を除き、この伝達には、本条に定める関連要因に関する裁判官の所見を記載しなければならない。1994, c. 769; 1999, c. 634; 2000, c. 466; 2004, c. 221; 2009, c. 684; 2012, c. 358.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。