テンプル・グランディン博士 A Special Breed of Hero

FEATURED PROGRAMS
SPONSORED LISTINGS
SCHOOL
PROGRAM
MORE INFO
Grand Canyon University

オンライン M.ED.M. (修士課程)

パデュー大学
Online MSEd in Special Education
George Mason University
Masters and Graduate Certificate Program in Special Education
Saint… ジョセフ大学
Online Master of Science in Special Education
Capella University
100% online MS in Special Education Teaching
Winthrop University
Online Master of Education (M.) (M.) (88867)Ed) In Special Education Intervention

あなたのサイトでこのインフォグラフィックを共有する!
それは1940年代後半です – 私たちの多くは、戦争にもかかわらず、シンプルな時代であると連想するかもしれない期間です。 1947年、第二次世界大戦が終わった直後、マサチューセッツ州ボストンで一人の女の子が生まれました。 わずか2年後、彼女は自閉症と診断される。当時はまだ生まれたばかりの言葉であり、かなり誤解されていたが、脳に障害があるとのレッテルを貼られる。 ほとんどの子供が言葉を発する年齢で、テンプル・グランディンは何も語らない。 彼女の母親によると、幼い頃の一貫性のない反社会的な行動から、父親は彼女を施設に入れたかったのだろうとのことです。 幸い、娘を見捨てなかった母親、言語療法を勧めた医師、彼女と妹と特別なゲームをしてくれた乳母のおかげで、グランディンは4歳のときにようやく言葉を話し始めました。 彼女は大学に進学し、最終的に心理学の学士号、動物科学の修士号と博士号を取得しました。これは自閉症の人としては信じられないほどの偉業です。 しかし、グラディン博士が様々な講演で指摘するように、自閉症の診断は正確ではなく、問題、感受性、障害の大きなスペクトラムであり、個々に対処する必要があるのです。 個人的な体験と研究の結果、彼女は、自閉症/学習と動物科学/家畜の扱いという1つだけでなく2つのテーマの専門家である、稀有で非常に優れた人物の1人である。 テンプル・グランディンは、自閉症の認識を高めるだけでなく、動物福祉の分野でも長い業績を持っています。
– コロラド州立大学の動物科学教授で、1970年に心理学の学士号を、1975年に動物科学の修士号を、1989年に動物科学の博士号を取得しました。 1999年にマギル大学(カナダ)、2009年にスウェーデン農業科学大学、2012年にカーネギーメロン大学(アメリカ)、マギル大学(カナダ)、スウェーデン農業科学大学から授与されています。 現在、自閉症に関する世界で最も売れている作家です。
– タイム誌の2010年最も影響力のある100人のリストで「英雄」部門に選ばれました。
– 意識向上により人類の健康にプラスの影響を与えたとして、2011年にダブルヘリックス・メダルを授与されました。 他の受賞者には、元ボクサーのモハメド・アリ(パーキンソン病の啓発活動で初めてこのメダルを受賞)、マイケル・J・フォックス、カリーム・アブドゥル・ジャバー、シェリー・ランシング、ジェームズ・ワトソンなどが含まれます。 この作品はエミー賞で15部門にノミネートされ、そのうち5部門を受賞しています。 デーンズはグラディン博士を演じ、ゴールデングローブ賞を受賞した
– 1990年の「Who’s Who of American Women」に掲載された。

自閉症への啓蒙活動

自身の長い経験や2013年の著書『The Autistic Brain』から、グラディン博士は自閉症に関する講演を数多く行っている。 ここでは、ASD(自閉症スペクトラム障害)にまつわる統計データをもとに、自閉症について、また親や教育者が自閉症児と前向きに向き合うための考え方を紹介します。
– 2012年の時点で、1~150万人のアメリカ人がASDである。
– CDCが2013年に発表した自閉症診断率は50人に1人まで上昇した。 (注:CDC/HHSの調査に基づく統計)これは、自閉症診断率が88人に1人だった2008年の数字から72%増加しています。 その他の割合 ASDは治療法が確立されていない。 しかし、高齢の両親から生まれた子どもは、ASDのリスクが高い。
-ASDは、2011年の時点で、家族に平均して年間40~60万ドル(行動への介入費用)、個人あたり年間4,110~6,200ドル(医療費)の余分なコストがかかっていると言われている。
– 2012年のNIH(国立衛生研究所)の医療費配分予算308億6000万ドルのうち、自閉症の研究はわずか1億6900万ドル、つまり予算の0.55%以下しか受け取っていない。
– 米国におけるASDの医療費は、およそ2020年までに2000億~4000億ドルになる可能性がある。
– グランディン博士は、つらい社会恐怖症を抱えることになる自閉症との生活に耐えてきた。
– 彼女が自閉症について初めて公に話したのは、1980年代半ばだった。 効果的な解決策は、一般的な自閉症ではなく、特定の問題に焦点を当てる必要があります。
– あなたは特定の行動プロファイルに適合する場合、あなたは自閉症のラベルが付けられます。 “自閉症児は非常に多様なサービスを必要としている。” 残念ながら、「今はサービスを受けるためにラベルが必要なようです」
– 人のスペクトラム全体が自閉症であるというラベルを貼ることを、同じように状態のスペクトラムがあるにもかかわらず、悲しいと落ち込んでいるという区別がないことと比較しています
– 規則や日課は家庭と学校の間で一貫させ、ボトムアップ思考に焦点を当てなければなりません。
-教師は、スペクトラムの生徒とそうでない生徒の切り替えに苦労することがある
-教師は、子どもがより高度な勉強をすることを阻害することがある
-学習やテストは、それぞれの子どもの特殊能力に合わせる
-多くの人はトップダウン(概念を形成し、データを取得する)で考える。 自閉的な人はボトムアップで考える傾向があります。
-学習プログラムでは、思考者にはパターン、視覚、言語の3つのタイプがあることを認めます。 ほとんどの人はこれらのタイプの混合物であるが、自閉症児は特定のタイプに引き寄せられるかもしれない。
-信頼できる大人と1対1で向き合う時間は、言語能力の低い生徒にとって重要である。
– 自閉症スペクトラムの子どもたちには2種類の話し方がある。 ひとつは、硬い子音が聞こえないタイプで、聞いたことを繰り返すとき、その子音を抜いた形で話す。 もうひとつは、映画やテレビコマーシャルを見て覚えた単語をそのままはっきりと発音してしまうタイプで、単語を理解していないことが多いのです
– フラッシュカードやiPadの画面は、この2つのタイプに有効です。

「憧れる」という言葉。 彼女は、動物、特に畜産動物に対して信じられないほどの共感を形成し、業界全体の慣行を変えることに成功しました。 彼女が家畜の取り扱いのあり方に対して行ったことが、実際に以前よりもかなり人道的であるということに誰もが同意するわけではありませんが、少なくとも屠殺場へ行く動物にとっての恐怖の多くを軽減するよう、取扱者を勇気づけたことは確かです。 BBCが放映した「牛のように考える女」という彼女のドキュメンタリーの中で、グラディン博士は、彼女の動物に対する理解は、生まれつき自閉症であること、恐怖は自閉症の主要な感情であり、「獲物となる動物」の感情でもあることを示唆している。 そのコンセプトは、叔母が経営するアリゾナ州の牧場で見た、家畜を落ち着かせるための同様の装置である「スクイーズ・ボックス」から得たものであった。 この「ハグボックス」の理論は、雷雨のときに犬や猫を落ち着かせるために着用する「サンダースシャツ」にも応用されています。
-その他の賞や称賛に加え、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)から「ビジョナリー」プロジー賞を授与されました。
– 彼女の哲学は、食用に動物を使うことは倫理的であるが、動物にはある程度の敬意をもって接し、きちんとした生活と痛みのない死を与える必要があるというものです。
– 当初、彼女は、男性が多い業界の中で女性であることと、過去に行われたことのないやり方を提唱しているという理由から、数十億ドルの畜産業界の抵抗に直面した。 車に牛の睾丸を乗せられるなど、この時点でもいじめがあった。
– 彼女は、牛が屠殺に向かう途中で苦しくなるのは、これから起こることを察知しているからだという考え方に異議を唱えた。 2974>- 彼女は、牛が屠殺されるときに苦痛を感じるのは、何が起こるかを察知しているからだという考え方に異議を唱えました。 「虐待とネグレクト」、「退屈と制限された環境」です。
-最初のカテゴリは、残酷さと痛みの問題を扱っています。
-2番目のカテゴリは、刺激を与えない環境から生じるかもしれない異常行動を扱っています。
– 彼女は、動物の取り扱い、福祉、施設の設計について、科学雑誌や家畜の定期刊行物に300以上の記事を書いています。

この記事の情報は以下のページとウェブサイトから集めました。 http://www.autism-society.org/what-is/facts-and-statistics/
2. http://www.autismspeaks.org/what-autism/facts-about-autism
3. http://www.beefusa.org/beefindustrystatistics.aspx
4. http://www.cdc.gov/ncbddd/autism/data.html
5. http://gettingsmart.com/2014/02/10-things-learned-dr-temple-grandin/
6. http://www.grandin.com/welfare/welfare.issues.html
7. http://www.humaneheartland.org/scientific-advisory-committee/item/temple-grandin-phd
8. http://www.nvic.org/NVIC-Vaccine-News/April-2013/CDC-Reports-1-in-50-American-Children-Diagnosed-wi.aspx
9. http://presencelearning.com/sped-ahead-webinars/templegrandin/
10. http://en.m.wikipedia.org/wiki/Temple_Grandin
11. https://www.youtube.com/watch?v=TWBo886FuQo&feature=youtu.be

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。