スキュラとカリブディス – 神話の生き物

ギリシャ神話では、スキュラとカリブディスは、イタリアとシチリアの間のメッシーナ海峡の反対側に住んでいた一対の怪物であった。 スキュラはもともと海の神ポセイドン*に愛された海の妖精でした。 ポセイドンの妻アンフィトリテは、嫉妬のあまり、スキュラが水浴びする水に毒を盛った。 その結果、スキュラは6つの頭を持つ獣となり、それぞれの頭には3列の鋭い牙が生えた。 船が近くを通ると、油断していた船乗りを捕まえて食べてしまった。 チャリュブディスは海の精であり、ポセイドンの娘であった。 ゼウスは彼女をスキュラから海峡を隔てた危険な渦巻きに変身させた。
スキュラとカリブディスは、ホメロスが記した神話の海の怪物で、後のギリシャでは、シチリア島とイタリア本土の間にあるメッシーナ海峡の反対側に位置するとされた。 スキュラは海峡のイタリア側にある岩礁(6つの頭を持つ海の怪物と表現される)、カリブディスはシチリア島沖にある渦巻きと合理化されている。 チャリブディスを避けることはスキュラに近づきすぎることであり、逆にスキュラを避けることはスキュラに近づきすぎることで、互いに近接しているため、行き交う船員にとって逃れられない海の危険とみなされたのである。 ホメロスによれば、オデュッセウスは海峡を通過する際にどちらの怪物に立ち向かうか選択を迫られ、渦で船全体を失う危険を冒すよりも、スキュラのそばを通過して数人の船員を失うことを選んだということです
こうした話から、二つの危険の間を移動しなければならないということはやがて慣用句になりました。 また、「Between a rock and a hard place(岩と岩の間)」という英語の表現もある。 ラテン語の incidit in scyllam cupiens vitare charybdim (彼はスキュラの上を走り、チャリブディスを避けようとする) は、それ以前にことわざになっており、火鍋から火に飛び込むのと同じ意味を持っている。 エラスムスは『アダージア』の中で古代の諺として記録しているが、最も古い例は12世紀のシャティヨンのワルターによるラテン叙事詩『アレクサンドリア』にある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。