グレンパーク(公園)

この場所には、もともとハリー・アルトマンのグレンパーク・カジノ&アミューズメントパークがあった。

The Inferno in 1968Edit

1968年9月の最初の火災では、敷地内のナイトクラブThe Infernoを焼失した。 インフェルノは以前は「グレン・カジノ」であった。

このナイトクラブでは、ウィルマー & ザ デュークスとレイブン(旧トニー ギャラ アンド ザ ライジング サンズ)というバンドが毎週出演し、彼らのキャリアを後押ししたことで知られています。 さらに、ジュニア・ウォーカー&ザ・オール・スターズ、バターフィールド・ブルース・バンド、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン、アイク&ティナ・ターナー、ボブ・シーガー・システム、ザ・エスキース、ゲイリー・パケット&ユニオン・ギャップ、ウイルソン・ピケット、ウェイン・コクラン&ザ・カッパー、アーサー・コンリーといった全米レコーディング・アクトもこの有名ナイトクラブのライブに出演していた。

Underground 1973Edit

1973年9月の2度目の火災で、「Underground」と呼ばれる下の建物を含むいくつかの建物が焼失した。

アルトマン、義理の息子デイブ・ゴールドスタイン、孫のスティーブ・ゴールドスタインは長年にわたりグレン・カジノでサミー・デイビスJr、フランク・シナトラJr、ジェイン・マンスフィールド、ディック・ショーン、ジョーイ・ビショップ、ジェリー・ベイル、スリー・ストゥージズ、ミルズ兄弟など多くの有名エンターテイナーを迎え入れていた。

カジノは1940年代に建てられ、劇場とレストランが併設されていた。 1966年、地元のプロモーターであるケビン・エリオットがハリー・アルトマンに、ナイトクラブをロックンロールの会場に改造するアイデアを売り込みました。 ライジング・サンズと名付けられたインフェルノのハウスバンドが誕生するきっかけにもなった。 トニー・ギャラのボーカル、ジム・キャリアのピアノ、ジョン・ワイツのリードギター、トミー・キャランドラのベース、ゲイリー・マラバーのドラムからなるこのローカルグループは、音楽界の重鎮マーティ・アンジェロがマネージする全米録音アーティスト、レイヴンと呼ばれるようになる。 レイブンは「ライブ・アット・ザ・インフェルノ」というライブアルバムを録音し、後に1969年にリリースされた。 このアルバムの表紙は、火事で焼け落ちたナイトスポットの写真である。

1976年、いくつかの池とコンクリートの遊歩道が設置され、現在の公園に改修された。 以来、ウィリアムズヴィル村とアマースト町が共同で所有し、管理している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。