カーディ・B

2010年代後半にデビューし、ラップやポップチャートの上位に一気に上り詰めたラッパーでありエンターテイナーでもあるカーディ・B。 ヒット曲 “Bodak Yellow” で約20年ぶりにビルボード・ホット100のトップに立つ女性ラッパーとなったシングルの初動後、彼女はグラミー賞にノミネートされ、高い評価を受けたデビュー・アルバム『Invasion of Privacy』を2018年に発表し、1位を獲得、さらに夏の大ヒット曲 “I Like It” で記録を塗り替えたのである。 彼女の旋風的なブレイク時代の締めくくりとして、ソロの女性ラッパーとして初めてグラミー賞の最優秀ラップ・アルバム賞を受賞した。

リル・キム、ニッキー・ミナージュ、フォクシー・ブラウンの伝統に則った生々しく攻撃的なライムを吐く、元ストリッパーでソーシャルメディアのスター、ベルカリス・アルマンザーは、2015年後半にVH1の「Love & Hip Hop: New York」でテレビデビューし、同じニューヨーク出身のラッパー、レミー・マも出演している。 その1年後、シャギーのシングル「Boom Boom」でダンスホール・シンガーのポプカーンとともに音楽デビューを果たした。 ソロ・シングル「Cheap Ass Weave」とミックステープ『Gangsta Bitch Music, Vol.1』がすぐに2016年初頭にリリースされた。 同年夏にはさらに2枚のシングル「Foreva」と「Wash Poppin’」が到着した。 2017年初めには2作目のミックステープ『Gangsta Bitch Music, Vol.2』がリリースされた。

同年、カーディ・Bはアトランティック・レコードと契約し、シングル「Bodak Yellow」でヒットを飛ばし、9月末にはビルボード・ホット100のトップに上り、1998年以来ソロの女性ラッパーとして初の首位となった。 その後、G-Eazyの “No Limit “とMigosの “MotorSport “でトップ10入りを果たし、Hot 100とHot R&B/Hip-Hop Songsチャートで最初の3曲がトップ10入りした最初の女性ラッパーとなった。 21 Savageとのシングル “Bartier Cardi “のリリース後、CardiはBruno Marsの “Finesse “のリミックスに参加した。 このニュージャックスウィング・リバイバル・トラックは全米で3位まで急上昇し、世界中のチャートで上位にランクインした。 これらのシングルにより、カーディはR&B/Hip-Hop Songsチャートで5曲同時にトップ10入りした史上初の女性アーティストとなった。

公式デビュー・スタジオ・アルバム『Invasion of Privacy』は、2018年春に到着。 彼女のブレイクスルーとなった2枚のシングルをはじめ、ミーゴス(”Drip”)、チャンス・ザ・ラッパー(”Best Life”)、ケラーニ(”Ring”)、SZA(”I Do”)、YG(”She Bad”)、バッド・バニーとJ・バルヴィンが “I Like It” で参加した作品となりました。 後者の楽曲はシングルとしてリリースされ、2018年7月のHot 100の上位に着実にランクインし、カーディは女性ラッパーとして初めて2つのナンバーワンを達成した。 その夏、彼女はジェニファー・ロペス(”Dinero”)とマルーン5(”Girls Like You”)とのヒットシングルにもフィーチャーされた。 さらに、グラミー賞に複数回ノミネートされ、Invasion of Privacyは年末の批評家ランキングに多数ランクインしました。 このアルバムはグラミー賞の最優秀ラップアルバム賞を受賞し、女性ソロラッパーとして初の快挙を成し遂げました。 翌年には、オフセットとのコラボ曲 “Clout” で最優秀ラップ・パフォーマンス部門に再びノミネートされた。 2020年8月には、メーガン・シー・スタリオンとのコラボ曲 “WAP “でビルボード・ホット100のシングル・チャートで首位に立った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。