オスグッド・シュラッター病

オスグッド・シュラッター病とは

膝頭の下の腱(膝蓋腱といいます)は脛骨(けいこつ)にある結節に付着しています。

この腱が炎症を起こすと、オスグッド・シュラッター病になります。

オスグッド・シュラッター病は、成長期の若者によく見られる膝のオーバーユース損傷です。

オスグッド・シュラッター病の原因オスグッド・シュラッター病は、腱が付着している膝下の部分で常に腱を引っ張ってしまうことによって引き起こされる炎症です。

オスグッド・シュラッター病の危険因子

オスグッド・シュラッター病の危険因子は、次のようなスポーツをする若いアスリートです。

  • サッカー
  • 体操
  • バスケットボール
  • クロスカントリートラック・長距離走

オスグッド-スラッター病の予約をする

オスグッド-スラッター病の予約または詳細は、UPMC Sports Medicine(1-855-93-SPORT (77678) までご連絡ください。

オスグッド・シュラッター病と使いすぎによる損傷についての詳細

ヘルスライブラリより(以下のリンクは新しいブラウザで開きます):

  • オスグッド・シュラッター病
  • Overuse Injuries

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。