イタリアのコーヒーは本当においしいのか?

私が初めてナポリでコーヒーを飲んだとき、それはチェントロ・ストリコのある大きなカフェのカウンターで、私の舌を火傷させた。 バリスタが、白いスーツを着て、にやにやしている私を見て、尋ねました。 「コーヒーの3つのCを知ってるかい? この地方の言い伝えでは、コーヒーは「Comme cazzo coce!」と叫ばなければならないらしい。 (ファック、燃やせ!」。) エスプレッソは舌を火傷させただけでなく、味も火傷していたのです。

最近の朝、私はミラノのO|NESTに朝食を食べに行きました。 シングルオリジンのエスプレッソを飲みながら、専属バリスタのロレンツォ・ソルディーニに、ナポリのコーヒーはなぜあんなに熱いのか、と聞いてみた。 「と尋ねると、「冷めてから飲んだらどうですか? “できたら10ユーロあげるよ”。 コーヒーを熱くして出すのは、ワインを冷やして出すのと同じことだ。口を麻痺させ、飲み物の質の悪さを隠してしまうのだ。 また、カフェインがもたらす心地よい刺激とエネルギーは、知識人たちに特に好まれ、彼らは最近発明されたもうひとつのバーでコーヒーを飲みながら意見交換をした。 イタリアで啓蒙思想が広まり、それを広めるためにミラノで出版社が設立されたとき、創立者たちは「イル・カフェ」(イタリア語で飲み物、場所の意)と名付けたほどである。 元CEOのハワード・シュルツは、1983年のミラノ旅行がスターバックス創業のきっかけになったと語るほど、このイタリアのバールは強力なシンボルであり続け、明らかにエスプレッソは19世紀末のイタリア独自の発明なのだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。