どっちがいい? Leather Or Cloth Car Seats And How To Pick

Jump Ahead to:

Share this post:

これは昔からある議論ですが、車のシートは革製か布製か。 どっちがいい? さて、おそらく時間と同じくらい古くはないでしょう。 しかし、この大論争はあまりにも長い間続いており、まるで永遠のように感じられます。

そこで、この記事では、チャイルドシートによく使われるこの2つの素材について徹底的に調べました。この記事を読み進めた後、あなたとあなたの家族のために完璧な選択をすることができることを保証できます。 あなたが高級な外観、耐久性、偉大な再販価値と車の座席をしたい場合は、革の車の座席は最高です、あなたはプレミアム価格を支払うことを気にしない一方、布の車の座席は、単に標準、ローメンテナンス、および家族に優しい車の座席が欲しい場合は素晴らしいことです,

しかし、事はこの議論は、単純な質問よりもはるかに深い行くである “、どちらが良い! 革製カーシート対布製カーシート、布製カーシートで考えるべきことは、それぞれの良いところと悪いところ、そしてこの2つの素材が様々な状況でどのように機能するかということです。

ということで、今回はこの辺を中心にお話します。 続きはこちら!

革と布の違いとは?

その前に、革製の車のシートと布製の車のシートについて、簡単に触れておきますね。 両者の対比がはっきりすれば、この2つの素材の間に存在するすべての長所と短所を理解しやすくなるはずです。

Leather Car Seats

私が初めて車を手に入れた頃までは、車のシートやインテリアにどんな素材が使われているかはそれほど気にしていませんでした。 ただ、見た目がよくて、乗り心地がよければ、それだけで楽しくなります。

しかし、大学で革細工を学び、友人や家族が新しい車や家具を選ぶときに、革について理解する手助けを何年もしてきました。

レザーは動物の皮から採取され、なめし加工というプロセスを経て、決して腐敗しない素材に生まれ変わります。 世界中の革の大部分は、ある大きな理由のために、牛から供給されています。 そのため、このような「匠の技」を駆使することで、より高い品質を実現することができるのです。 そのため、このような「匠の技」を駆使することで、より高い価値を生み出すことができるのです。

布製カーシート

布やファブリック素材は非常に一般的であり、革とは異なり、布は一般的に、安価である。 布は、天然または人工の繊維を編む、織る、フェルト化する、または編むことによって製造されます。

布は、車のシートを覆うために使用される最も一般的な椅子張り材です。 車のシートに使われる布や生地には、実にさまざまな種類があります。 その中には、ビニール生地、ナイロン生地、ポリビニール(PVC)生地、フェイクビニール生地などがあります。 布製のチャイルドシートの良さはいくつかあります。

  • They are cheap
  • Cloth seats do not markup the price of a car
  • They are also very easy and cheap to replace, or repair

Pros and Cons Of Leather and Cloth Car Seats

The type of material used for a seat of a car may not the absolute deal maker but it is a important part of you can over the car. 車のシートは、あなたが車で使う最初で最後のものの一つです。

革張りと布張りのどちらにも長所と短所があり、「どちらが良いか」という質問に答えられるようにするには、この二つの素材を強みと弱みで並べ、理解して自分にとって素晴らしい選択をできるようになることが重要です。

外観

革製の車のシート

長所.。 素晴らしいスタイル、クラシック、高品質、豪華な外観。

Con: レザーカラーは限られています。

Cloth Car Seats

Pro:

長所:色、デザイン、パターンの無限の範囲で来る。

短所:布の車の座席は、本革が持っているその古典的な豪華な外観を持っていない。 そのため、このような「革」による高級感の演出は、他の素材とは一線を画しています。

しかし、革は食肉産業の動物の皮から作られているため、それが生産されている色の汎用性に関しては不足しています。

布産業で作られている一定の改善と、布の車の座席は、単に魅力的であるレベルまで改善されています。

布の材料は、革の豊かな豪華な外観のレベルに持って来ることはできませんが、今日のメーカーは、消費者の要求と絶えず変化する好みに応じて、色、パターン、テクスチャの多種多様で布車のシートを得ることができるという追加の利点でスタイリッシュな布を提供しています。

Feel

Leather Car Seats
Pro:

Con: 滑りやすい、ベタベタする。
Cloth Car Seats

Pro: 滑りにくい、ベタつかないという利点もあり、とても快適です。

Con: 高級感のあるしなやかで豊かな革の感触はない。

車の中ではできるだけ快適に過ごしたいものですが、どんなカーシート素材を取り付けたかは、クルーズ中の快適さに貢献します。

革製のカーシートは心地よい感触で、車に座っていると、まるで自宅のお気に入りの革製ソファに座っているような気分になります。

しかし、革製カーシートが提供する快適さのレベルは、インストールされた革の品質に依存します。 合成皮革のシートは、天然皮革のシートほど快適には感じられません。

布製の車のシートに関しては、私はそれらを間違って行くことはできませんと言わざるを得ません。 また、「匠の技」とも呼ばれるように、匠の技を駆使して作られた「匠の逸品」も数多くあります。

革製チャイルドシートの滑りやすい感触は、毛皮で覆われた友人(複数可)を車に乗せて旅行するつもりなら、ペットにとって楽しいものにはならないはずです。

彼らは、左、右、中央、前方、および私たちの仲間にとって少し危険であることができます横滑りする傾向があります。 しかし、布のチャイルドシートで、スリップの形態はありませんし、これはそれが若干よりcomfortable.6485>

コスト

Leather Car Seats

Proを作る。 仝囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮々は冱~を尅り、冱~を尅り、冱~を尅り尅りました。

長所:交換または修理するために安価である。

短所:あなたが車を転売する必要がある場合は、再販価値を持っていない可能性があります

カーシート材料チェーンの上に、革はカーシートを作るための最も高価な材料の一つとして快適に座っています。 これは、革がどのように調達され、どのように処理されるかに起因します。

革は動物の皮から採取されますが、最も一般的な原料は牛です。

植物タンニンなめしのようななめし方法には、材料や設備、技術が必要なため、非常に高価になることがあります。

これらはすべて、材料としての革の総コストに影響を与え、このため、標準的な車のパッケージで本物の革を見ることは非常にまれです。

販売店の中には、フルレザーでなくても、本革の値上げに乗じて儲けようとするところもある。

このようなタイプの革製カーシートは、カーシートの背面や側面などの場所に布や合成皮革が挿入されていることが多いでしょう。 だから、あなたが本当にあなたの費用のためのバンプをしたい場合は、見張りである必要があります。

一方、布素材は、チャイルドシートの定番素材として必ず用意されています。 安価なので、価格を左右する要素として挙がらないことが多いでしょう。

これは、布や生地は集中的な処理をしないので、メーカー(自動車)がいつでも使える状態になっているからです。

メンテナンス

Leather Car Seats

Pro: クリーニングとコンディショニングが必要ですが、これらのメンテナンスは年に2-3回行うだけです。 また、シミや汚れも簡単に落とすことができます。

欠点:プロのディテーラーにクリーニングとコンディショニングを依頼すると、費用がかかります。 非常に優れたものはかなり高価になることがあります!

布製カーシート

プロ。 このような状況下、「痒いところに手が届く」ような感覚で、「痒いところに手が届く」ような感覚で、「痒いところに手が届く」ような感覚で、「痒いところに手が届く」ような感覚で、「痒いところに手が届く」ような感覚で、「痒いところに手が届く」ような感覚で、「痒いところに手が届く」ような感覚で、「痒いところに手が届く」ような感覚で、「痒いところに手が届く」ような感覚で、「痒いところに手が届く」ようになります。 布は多孔質であるため、どんな液体も簡単にその中に沈んでしまいます。 油やインクによる汚れは、布製の車のシートでは永久的なものです。

そうなんです!革は長持ちしますし、高級感もあります。 しかし、あなたの革製カーシートの非常に一貫した新鮮な外観を持つために、あなたの革製カーシートを最高の状態にするために、クリーニングとコンディショニングのルーチンに宗教的に固執する必要があります。

不適切なクリーニングとコンディショニングを行ったレザーには、多くの汚れや油分が蓄積し、レザーの色あせ、亀裂、剥離の原因となります。

逆に、布製のカーシートには、通常、高価な深いクリーニングとコンディショニングは必要ありません。 しかし、液体の汚れがひどく、布製チャイルドシートのディープクリーニングをしなければならない場合、それは非常に早く厄介なものになる可能性があります。

布製チャイルドシートの素材は非常に多孔質なので、どんな形の液体汚れもそのままシートに入り込み、チャイルドシートのフォームや接着剤、臭いにダメージを与える可能性があるのです。

におい

Leather Car Seats

Pro: このような場合、「匠の技」を駆使して、お客様のご要望にお応えします。 また、無孔質であるため、臭いの元となるものを簡単に取り除くことができます。

Con: クロムなめし革や合成皮革は、化学物質の臭いがします。

Cloth Car Seats

Pro: 新車の良い香りから始まり、多孔質のため、車のインテリアディテーラーの汚れ防止剤を使用すれば、気になる臭いは何とかなります。

欠点:臭いの発生が非常に早く、かなり気分を害することがある。

レザーは、非常に独特でレザーとレザーだけの代名詞である新鮮な自然のレザー臭を維持します。 そのため、このような「革のにおい」がするのです。

これは、植物タンニンなめし法でなめした革によく見られることです。

布製のシートは、多孔質であるため、革よりも早く臭いを吸収してしまう傾向があります。 そのため、布製やファブリック製のシートを使用している車では、新鮮な車や新車のにおいがすぐに消えてしまいます。 そして、汗や食べ物、飲み物、ペットなどのあまり心地よくないニオイに置き換わってしまうのです。

アレルギー反応

Leather Car Seats

Pro:
Con: アレルギーをお持ちの方は、皮膚反応を引き起こす可能性があります

Cloth Car Seats

Pro:

長所:革とは異なり、常に掃除機や洗濯機をかけることができる

短所:アレルゲンを捕らえやすい

健康レベルでは、人によって革と布に異なる反応を示します。 そのため、このような「痒いところに手が届く」ような、痒いところに手が届くような、痒いところに手が届くような、痒いところに手が届くような、痒いところに手が届くような、痒いところに手が届くような、痒いところに手が届くような、そんな商品づくりをしています。

皮革になる前の原皮の処理は、かつては発がん性のある化学物質が主体でした。 しかし、長年にわたる厳しい法律と品質基準の改善により、ヴィーガンやアニマルフリーレザーの急増により、レザーはより安全になっています。

レザーは一般的に、埃やアレルギー物質が付着する点でも、より安全な素材です。 また、”痒いところに手が届く “という言葉がありますが、”痒いところに手が届く “とは、”痒いところに手が届く “ということです。

最も一般的な皮革アレルギーは、皮膚のかぶれです。 これは、革が処理されずに常に濡れている場合に特によく起こります。

一方、布製の車のシートは、超多孔質であるため、ほこりやアレルゲンがその繊維やシートクッションに容易に定着したり、閉じ込められたりします。

布製の車のシートは、深刻なアレルギー反応を保証しますが、ほとんどの人の健康反応を引き起こすほこりやその他のアレルゲンにかなり簡単に対処することもできます。

隔週で掃除機とクリーニングのルーチンは非常に役立ちますが、それが問題を排除しようとしているかどうか完全にわからない。

温度

レザー車の座席

プロ。

Pro: 革の車の座席にインストールされている温度調節システムは、それが露出した任意の種類の温度を保持する方法自然の革のためにかなりうまく機能します。

Con: 革の車の座席は熱い夏に非常に暑く、冬の日に非常に冷静に感じる。 仝囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮々は冱い俳り、冱~は冱~を尅り、冱~は冱~を尅り卦し、薦が尅り、薦が尅りました。

暑さ寒さの違いによって、革のシートと布やファブリックのシートは、ほとんど同じように反応します。 たとえば、暑い夏には、革も布と同じ程度に熱くなるでしょう。

しかし、違うのは肌触りです。 革は非常にべたべたと熱く感じるでしょう。 布製の車のシートは、革と違って、夏でもめちゃくちゃ灼熱に感じることはない。

布製の車のシートでは、ある程度の温度変化を経験するかもしれませんが、一般的に革製の車のシートと比較することはできません。

一般的に、ほとんどの自動車メーカーはこの問題を認識し、車のシートに蓄積したひどい温度を調節するために、シートヒーターや車の冷却システムなどの有効な機能を導入しているのです。

レザーと布のチャイルドシートを選ぶときに考慮すべき要素

さて、チャイルドシートの素材タイプのそれぞれの長所と短所を徹底的に正当化しましたが、ここでは、チャイルドシートを選ぶときに考慮すべき要素を簡単にリストアップしてみましょう。

チャイルドシートの素材の耐久性

何よりもチャイルドシートのシェア堅牢性だけを気にするのであれば、革製のチャイルドシートを検討してみてはいかがでしょうか?

温度に対するカーシートの反応
この要因は、個々の好みや、1年の特定の季節にカーシートが非常に高温または低温になることに対してどの程度の耐性を持っているかによって左右されます。

レザーが熱くなったり冷たくなったりすることに関しては、かなり悪化しますが、この問題を補うために、たくさんの救済措置があります(そのほとんどは無料です)。

バラエティ

「バラエティは人生のスパイス」ということわざがあるように、私の中では布製のカーシートと革製のカーシートは同点なのです。 もし、あなたが自分の周りにある色にこだわるなら、布製のカーシートは、あなたが望む色や質感、模様の多様性を提供してくれることでしょう。 このレベルでは、それは布の車のシートのための明確な勝利だ。

価格

価格は布の車のシートと革の車のシートの間にこのバンターの巨大な要因である。 また、このような場合、「素材(革)が良いから高い値段で買っても良い」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、そのような場合は、「素材(革)が良いから高い値段で買っても良い」とお考えください。

高級感

車の内装に高級感を求めるなら、天然皮革のカーシートは高級感を求めるあなたの欲求を満たしてくれるでしょう。 その場合、高価な天然皮革のチャイルドシートを手に入れることは、最良の決断とは言えません。

このような場合は、合成皮革のチャイルドシートをお勧めします。

Resell Value

Last but not the least, if you’re open to the idea of reselling your car in the future with no significant devaluation specifically from worn-out car seats, then leather will be a great alternative since leather, like fine wine gets better and better with time.

Levels for the best option of car seat.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。